• 浮気をしているかの確認
  • 浮気の証拠を掴む
  • 浮気相手の素性を調べる

このページではこれらの浮気調査を、料金を安く依頼するための条件や方法を紹介しています。

探偵の調査料金の相場

浮気調査の料金は1日あたり10~50万円が相場となります。

下限でも10万円を切ることはほとんどありません。

なぜここまでバラつきがあるかというと、事前の情報や調査条件による調査難易度の変化に応じているからです。

調査料金に影響する情報や条件

日数と時間

調査の日数や時間が長ければ、それだけ調査料金は膨らみます。

また、日時の特定ができていない場合は、当然空振りの可能性もあり、その場合にも料金が発生することが殆どです。

注意しなくてはならないのが、浮気をしている時間自体は短くても、調査開始の段階に対象者の現在地がわかっている必要がある、という事です。

例えば浮気をするタイミングが夜だったとしても、その時刻の対象者の現在地がわからないのであれば、状況によって朝に家を出るところから調査を行わなくてはならない場合もあるということです。

行先

浮気の証拠が必要なのであれば、ホテルや自宅などの行先が把握できているのであれば、余分に追い回す必要も少なくなり、相手に調査が発覚するリスクも抑えられます。

また、調査難易度もそれに応じて下がるため、調査料金を抑える事につながります。

移動手段

調査難易度に大きく影響するのは移動手段です。

タクシーなどを利用する可能性がある場合、それに対応するための人員を余計に配置する必要があります。

逆に、自家用車や特定の公共交通機関など、ある程度移動手段が限られている場合、必要最小限の人数で調査を行うことも可能なため、調査料金を抑える事につながります。

調査料金にあまり影響のない情報

実は浮気相手の顔写真などの情報は、浮気の証拠集めにはそこまで影響がありません。

対象者の行動を調査すれば自ずと確認できるものだからです。

調査を安くするには

日数や時間を絞るのが最も効果が高い

調査の日数や時間を絞ればそれだけ調査料金は抑えれます。

そのためには確実に証拠を掴める日時を特定する必要があります。

自分で可能な限り正確な情報を集める

事前の情報が揃っていれば、ピンポイントでの調査が可能で、空振りのリスクを避けることができます。

そのためにも自分でできることは自分で行うことが重要になります。

日々の生活の中での不審点を洗い出すことで、有益な情報が手に入ることがあります。

それ以外にも、車両や持ち物にGPSを設置したり、ボイスレコーダーなどを用いることで、浮気のパターンや行先などの情報を把握することも可能です。

最近では、スマホに細工することで、それらの情報を一括で拾うことも条件次第では十分可能です。

そういった手法に関しては、少し調べれば簡単に手に入ります。

逆に、浮気している側もそれは同じで、それらに対する防衛策も存在し、 やり方によっては相手に露見するリスクもあるので、手段は慎重に選択する必要があります。

自分で調査する場合のリスク

お金をかけないために、自分で調査をする方もそれなりにいらっしゃいます。

実際に成功したケースを我々が聞くことができないのでそういう印象なのかもしれませんが、失敗した上で相談される方もかなりの割合でいらっしゃいます。

顔が割れているため発見されやすい

自分で浮気調査をする場合、当然ですが相手に顔が割れています。

大なり小なり変装をしていると思いますが、意外なことにそれでも勘づかれることがあるようです。

顔をしっかり確認されたわけではなくても、動きも含めた全体の雰囲気で判断されることがあるのです。

不法行為を行ってしまう可能性がある

探偵における調査業務の中には、気を抜いてしまうと、とっさに行ってしまうような種々の不法行為が存在します。

大半は不法侵入や交通違反などです。

探偵業従事者は教育や研修が義務付けれらていますが、それでも年に何社かはそういった不法行為によって業務停止命令を受けているのも実情です。

前知識があってもそういったリスクがあるものを、個人で回避できるかは、その時の状況や運次第です。

自分で調査を行うのはやはり難しい

そもそも探偵業という業種が成立しているのは、尾行などの調査業務の難易度が高いためです。

見失うだけであればまだしも、相手にバレてしまった時は、それ以降、証拠を掴むことはまず困難です。

自分でやって失敗したから依頼をするというケース

対象者は警戒しているため、当然調査難易度は跳ね上がります。

調査難易度が上がるということは、それだけ調査料金もかさむという事です。

自分で調査をしてバレたことがあるのを隠して依頼をしてくるようなケースもありますが、そういった対象者の警戒が不自然なほど高い場合は調査自体が失敗しかねないため、隠さないことをお勧めします。

大手の探偵社のほうが料金が安い?

大手探偵社は難易度に関わらず時間単位で調査料金を算出することが多いようです。

なので、調査料金を抑える方向での交渉は難しい場合があります。

前提の条件が特殊であったり、難易度が著しく高い場合には断られることもあります。

規模の小さい探偵会社では、条件によっての柔軟な対応で望める場合もありますが、状況が変化したときに、それが調査料金に反映されるため、慎重に交渉する必要があります。

調査料金が安い探偵社は信用できない?

調査料金を安く抑えたいのは当然のことですが、過度に料金が安い場合は警戒したほうが良いでしょう。

判断する方法は、調査内容に関する説明や質問に対する回答に不明瞭な部分や誤魔化しがないかを確認することです。

契約書類の取り交わしは内容を精査した上で行いましょう。

まずは相談してみよう

どの探偵社に依頼するかは判断に迷うところです。

調査料金や調査内容もそうですが、相談員との相性も重要です。

相談は無料のところが大半ですので、まずは相談することをお勧めします。

浮気調査-安く-方法-条件-理由-無料相談ダイヤル

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。