訴訟するには最低限、相手の名前と住所が必要となります。

ですが、それらの情報が手元にない。ということもあるでしょう。

そういった場合には探偵・興信所に依頼することが問題の解決につながります。

この記事では訴訟をしたいのに相手の住所などの情報がわからない場合に、よすが総合調査が提供できる調査手法を紹介しています。

浮気相手を訴えたい場合

例えばパートナーの浮気相手を訴える場合に、名前や愛称だけしかわからなかったり、電話番号だけしかわからないというケースが非常に多いです。

昨今ではマッチングアプリなどで、それまでの繋がりが一切ない出会い方をしているケースも多く、パートナー自身も相手の情報を把握していないという例も多く見受けられます。

そういった際に有効なのが【尾行・張り込み調査】です。

【尾行・張り込み調査】を適切なタイミングで行うことで、浮気自体の証拠集めを行うだけでなく、その後、浮気相手を尾行することで住所を割り出すことができます。

住所を割り出してしまいさえすれば、名前はもちろん、勤務先や家族構成、その他の様々な情報を手に入れることが可能となります。

また、それ以外でも訴訟したい相手の

  • 勤務先がわかる
  • よく出入りしている場所を知っている

などの場合にも有効な調査になります。

現在の住所がわからない場合

お金の貸し借りなどでの訴訟に多いのですが、知人や友人、取引先などが返済をしないまま、いなくなってしまったケースなどでは、その人物に対してある程度の情報を持っているがけれども、現在の住所だけがわからない。ということがあります。

そういった場合に有効なのが【照会調査】【聞き込み調査】です

【照会調査】は、名前や生年月日、携帯電話番号などの情報から本人に紐づく住所を特定する調査です。

社会的な生活を送るためには、本人を特定できる情報には必ず住所情報がセットになっているため、そういった情報を照会することによって、住所を特定することが可能となります。

また 【照会調査】 では資産状況などもお調べすることが可能です。

【聞き込み調査】は、本人に関する情報を知っている人物に対して接触を図り、情報を得る調査となります。

一見役に立たなさそうな些細な情報が、相手を追い詰めるために有効だったというケースもあるので、馬鹿にできない調査の一つです。

SNSなどでの名誉棄損に対する訴訟

SNSなどでの名誉棄損では、相手のアカウントの情報しかない場合がほとんどです。

最近ではSNSサービスの提供側が、弁護士からの開示請求に応じるケースなども増えてきましたが、それでも本人を特定するまでには多大な労力と費用が掛かるというのも現状です。

そういった場合には、よすが総合調査の【潜入調査】が有効です。

ここでいう【潜入調査】とは、SNSにて本人及びその周りに接触を図り、一定の関係性を気付いた上で、本人の特定につながる情報を取得することを目的としています。

当社独自のノウハウで、実際の依頼において、かなりの確率で情報を聞き出すことに成功しています。

前提の条件によって成功率が大きく左右されるので、依頼の際は事前にご確認ください。

訴訟したいが相手の住所がわからない時には

よすが総合調査では

  • 【尾行・張り込み調査】
  • 【照会調査】
  • 【聞き込み調査】
  • 【潜入調査】

も含め、様々な調査技能を持って問題の解決にあたっています。

我々にとっては十分に有効な情報でも、ご自身ではそれに気づいていない、という事も多々あります

諦めずに、まずはお気軽にご相談ください。

  • 無料相談ダイヤル
  • 無料メール相談フォーム

にて対応しています。

訴訟-相手-住所-無料相談ダイヤル

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。