訴訟では、相手の名前と現住所が最低限必要になります。

また、それ以外の理由でも特定の人物の現住所を調べる必要が出てくる時があります。

一緒くたに人探しと言っても、それぞれの条件によって有効な調査方法は異なってきます。

この記事では自分で現住所を調べる方法と、探偵・興信所に依頼する際、有効な調査方法を条件ごとに紹介しています。

自分で現住所を調べる

家族や親族の場合

相続の際など、音信不通になった家族や親族に連絡を取らなくてはならない状況になることがあります。

探したい人物が家族や親族である場合には、戸籍謄本や附票を手に入れることが可能です。

ただ、戸籍謄本や附票に記載されている住所と、実際に生活の拠点がある現住所が異なる場合があります。

この記事を読んでいる方の中には、すでにそれらをお試しになっている方もいるでしょう。

戸籍謄本や附票に書いてる事以上のことを個人で調べるのはなかなか困難です。

後述の「探偵・興信所に現住所の調査を依頼する」をご参考ください。

恩人や友人の場合

SNSやWEB検索が有効な場合があります。

ただ、同姓同名の人物を排除するためには、紐づいている情報を精査する必要があります。

もしくは、共通の知人などを手繰っていくという方法があります。

目的にもよりますが、リスクを回避するためには事情の説明の仕方や接触方法などを配慮をしましょう。

探偵・興信所に現住所の調査を依頼する

現住所-調べる-方法-自分-探偵-依頼-年中無休

照会調査

よすが総合調査では

  • 名前・生年月日
  • 電話番号
  • 口座番号

などの情報から、本人に紐づく登録住所をお調べする【照会調査】を行っております。

情報さえ正確であれば特定できる可能性も高く、また調査料金も比較的抑える事ができるため、条件が揃っていれば最初にお勧めする調査です。

照会調査の注意点

【照会調査】では登録住所を特定することになりますが、登録住所に生活の拠点が存在しない場合があります。

仕事上の理由で国内や海外を飛び回っているというケースが殆どですが、中には後ろ暗い理由の方もいらっしゃいます。

そういった際には、別途の調査が必要になります。

尾行・張り込み調査

パートナーの浮気相手を特定する場合や、探している人物が出入りしている場所、例えば勤務先や習い事などがわかっている際に用いられる調査です。

条件さえ合致すれば、非常に有効な調査となります

聞き込み調査

情報を知っている人物や組織に接触を取り、必要な情報を得る調査です。

【照会調査】【尾行・張り込み調査】が条件的に難しい場合は、【聞き込み調査】を行います。

手掛かりが少ない場合に有効な調査です。

潜入調査

特にSNSなどでの繋がりによる人物に対して有効な調査です。

本人、もしくはその周囲の人物と継続的な関係をつくることで、必要な情報を特定します。

その他の調査

行方不明者・失踪者・家出人を探す場合

警察は事件性が薄い場合、率先して捜索を行ってはくれません。

こういったケースの場合、残された物品や関係者の証言などから類推した上で、可能性が高い場所を片っ端から捜索していくという方法をとることがあります。

発見のための効率を上げるために様々な手段を用いることになります。

お金を貸した相手

金銭トラブルなどの理由で所在がわからなくなった人間は痕跡を残さないように逃げている可能性があるため、前述した

  • 【照会調査】
  • 【尾行・張り込み調査】
  • 【聞き込み調査】
  • 【潜入調査】

を適宜組み合わせて調査する必要があります。

現住所を調べる

よすが総合調査では、調査の依頼はもちろん、ご自身で調べるための方法などのアドバイス業務を行っております。

  • 無料相談ダイヤル
  • 無料メール相談フォーム

をご利用ください。

現住所-調べる-方法-自分-探偵-依頼-無料相談ダイヤル

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。