人探しの調査において、大きな割合を占めるのはやはり金銭トラブルです。

景気には左右されず、お金を借り逃げする人間は一定数存在します。

昨今ではSNSやマッチングアプリなどで出会い、そこから金銭のやり取りを行ってしまうようなケースも多く見受けられます。

連絡手段をブロックされて初めて、住所や勤務先などの個人に紐づく情報をほとんど知らなかったことに気付いた、というような相談も非常に多いです。

自身で見つけ出すのが難しい場合には、探偵・興信所に依頼することを検討しましょう。

このページでは金銭関係でのトラブルにおける人探し調査について、調査方法ごとの条件や特徴を紹介しています。

金銭トラブルにおける人探し

お金の貸し借りから人探し調査を依頼される場合

  • 相手が逃げた(引っ越しした)
  • そもそも相手の情報が乏しい(知らない)
  • 相手に虚偽の情報を伝えられていた

の三つが原因になります。

SNSやマッチングアプリなどで知り合った場合などは、そもそも相手につながる情報が乏しいため、連絡手段をブロックされただけでお金を回収することが一気に困難になります。

また、水商売などで出会った相手にお金を貸してしまった場合、店を辞められてしまった際も同様に見つけ出す事が難しいでしょう。

見つけ出すことの費用対効果から回収自体を諦めてしまう方も多く、そういった事情が借り逃げの温床にもなっています。

探偵が行う人探し調査とは

調査手法ごとに特徴があり、手持ちの情報などの前提条件から適切な調査を選択することが重要です。

情報や条件によっては当然、調査手法を組み合わせる必要も出てきます。

照会調査

照会調査とは、対象に関する既知の情報から、対象に紐づく追加の情報を得る調査です。

具体的には

  • 名前・生年月日
  • 電話番号
  • 口座番号
  • 車両ナンバー

などの情報から

  • 住所
  • 勤務先(経営している会社)
  • 実家の住所
  • 家族の連絡先
  • 資産

などを調べることが可能です。

これらの情報は密接に紐づいているため、逆に住所から口座番号を調べる、といったことも可能です。

相手の情報が乏しい場合に、有効で、調査料金自体も比較的抑える事が可能です。

前提となる手持ちの情報が正しいという事が条件となるため、その部分が曖昧な場合には別の調査を組み合わせる必要が出てきます

聞き込み調査

相手が住所などの登録情報を変更せずに、身だけを躱してしまった場合などには、聞き込み調査によって情報を集めます。

対象の周辺や関係者などに聞き込みを行うことで、行先や近しい人物などの情報を特定していきます。

照会調査で有効な情報が得られなかった場合でも、聞き込み調査によって得られた情報から対象に紐づく情報に繋がることがあります。

尾行・張り込み調査

対象が出入りしている場所を把握していたり、または対象に接触している人物が特定できている場合などは、尾行・張り込み調査が有効です。

相手の住所はもちろん、相手の生活の実態を確認することで収入源や関係者を洗い出すことも可能になります。

相手が呼び出しには応じる場合などにも有効な調査です。

潜入調査

連絡が取れなくなった対象がSNSやマッチングアプリを利用している可能性が高い場合には潜入調査が有効です。

アカウントを特定し、関係性を構築することで、相手を特定できる情報を得ることを目的としています。

人探しを探偵に依頼する

あなたが気付いていないだけで、調査に利用できる重要な情報を持っている、といった事もあるため、まずはよすが総合調査の無料相談をご利用ください。

無料相談では、詳細なヒアリングを行うことで、適切な調査の提案が可能です。

お気軽にお問い合わせください。

お金-貸して-逃げられた-探偵-行う-人探し調査-内容-無料相談ダイヤル

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。