警察には監視カメラやNシステム(自動車ナンバー自動読取装置)、公的なデータベースにアクセスする権限や、豊富な人的資源があります。

しかし、事件性や緊急性が認められない人探しに関しては協力を得ることは難しいです。

その場合、人探しは民間の専門家に依頼することになります。

この記事では、探偵が具体的にどのようにして人探しを行っているのか紹介します。

住所地と居場所の違い

人探しは大まかに

  • 住所地を特定する調査
  • 居場所を特定する調査

に分けることができます。

住所地を特定する調査

言葉そのままの意味で住所地を特定する調査となります。

現在、一般的な社会生活を送っているであろう人物に対しては主にこの調査が適用されます。

訴訟目的(浮気や金銭トラブル)の場合は最低限、相手の名前と住所の情報が必要となるため、住所地を特定する調査が必要となります。

居場所を特定する調査

住民票などに変更の届け出がなされていない、突発的な家出や計画的な失踪の場合における調査を指します。

友人・知人の家、ホテルやネットカフェなどの宿泊施設を転々としている可能性も考えられるため、適切な調査方法の選択が必要になります。

探偵が行う実際の調査方法

住所地の特定と居場所の特定は似ているように思えますが、実際には調査の組み立て方が大きく異なります。

照会調査

名前や生年月日などの個人情報に紐づいた住所地の情報を確認する調査です。

一般的な社会生活を送っている人物であれば、電話番号や口座番号、車のナンバーなど、様々な情報に住所地の情報が紐づいているため、基本的に該当します。

ただ、家出人や失踪者の場合は、住所地の変更の届け出を行っていない場合が多いため、そういったケースでは有効ではありません。

聞き込み調査

手掛かりが乏しく、照会調査を行えるような情報が揃っていない場合などに有効な調査です。

条件が整いさえすればそれだけで目的を達成することも可能となります。

ただ、ある程度、聞き込みの範囲範囲(場所や人)が絞られている場合でないと極端に効率が落ち、状況によっては全く意味をなさない場合もあるため、使いどころは慎重に見極める必要があります。

潜入調査

探している対象がSNSやマッチングアプリを利用、またはSNSやマッチングアプリで出会った人物を探す場合には潜入調査が有効です。

この調査は対象やその周囲とSNSやマッチングアプリを通じて関係を作ることで、住所地や居場所を特定することを目的としています。

尾行・張り込み調査

対象が出入りしている場所や接触している人物が特定できている場合に有効な調査です。

呼び出しには応じる場合にも用いることが可能です。

住所地や居場所だけではなく、行動を確認することで多くの情報を得ることが可能となります。

人探しを依頼する際には

人探し調査と一口に言っても、それぞれの案件ごとに理由や目的、条件が異なるため、それに沿った調査方法の選択が重要となります。

探偵社によってはそれぞれの得意分野が存在し、それに合致する場合のみ依頼を受けるか、多少条件が厳しくても、得意分野の型にはめて調査を受諾する傾向があります。

人探し調査を依頼する際には、調査の内容が自身の状況や目的に理屈として合致しているかという点も確認しましょう。

よすが総合調査の人探し調査の相談窓口

よすが総合調査では詳しくヒアリングを行うことで様々な角度からの調査のご提案が可能です。

事実ベースでの話を心掛けているので、調査達成の可能性が低い場合にもそのままお伝えするため、納得した上で依頼頂く事ができます。

他社に断られてしまった場合でも、よすが総合調査独自の手法で解決できる場合もあるので、まずはご相談ください。

探偵-人探し-どうやって-行っている-調査-方法-条件-無料相談ダイヤル

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。