夫が浮気をしている

夫の浮気に気づいたとき、夫に対してもそうですが、その浮気相手に対しても大きな怒りを覚えると思います。
浮気調査は浮気の証拠を確保する為の調査に焦点が当たりがちですが、浮気相手の素性の調査というのも浮気調査の依頼において重要な部分です
浮気相手の素性の調査がなぜ重要とされているかというと、単純に浮気相手の素性を知りたいという欲求から来ている側面もありますが、実利的な理由が大きい為です。

浮気相手の素性を調べる実利的な理由

例えば浮気相手の氏名や住所は慰謝料請求などの法的な手続きに必ず必要となります。逆に言うと氏名と住所が揃っていなければ法的な制裁を行うことが困難となります。氏名と住所は最低限押さえておく必要があります。
また浮気相手の職業の情報は、慰謝料の設定に大きく影響します。例えば職業が高い社会的信用性が求められる業種・役職であれば、慰謝料を高額に設定することも可能になります。社会的制裁、あくまで合法の範疇ですが、そういった部分でも職業の情報は利用することができるかもしれません。
また、社会的制裁には浮気相手が既婚者であるかどうかも重要な要素となります。

浮気相手が既婚者の場合

浮気相手が既婚者だった場合、その配偶者や親などの親族の人柄や社会的立場、子供の有無などが慰謝料の請求額や社会的制裁に関して大きく影響を与えます。
言い方は悪いですが浮気相手の弱みになるのです。浮気相手が何を大切にしているか、生活の基盤はどこかを正確に把握すること、それが浮気の制裁を有利に進めるために必要なのです。

夫や浮気相手へのダメージを大きくしたい

浮気の悪質性が高ければ高いほど、夫やその浮気相手により大きなダメージを与えたい。というのも正直な感情の動きかと思います。ただそれを実現するには、情報はもとに入念な計画を立てる必要があります。

浮気の制裁の順序

浮気の制裁を組み立てるには状況を俯瞰的に把握する必要があります。まずは知っている情報を元に、制裁を有利に進めうる状況を推測し、その状況を確認する為の情報を入手し、またその情報をもとに状況の推測を更新する。この作業を制裁に必要十分な条件が揃うまで繰り返す必要があります。ただ問題になりやすいのは情報を調べるという段階です。

制裁を行動に移す前に気をつけること

浮気相手が夫が既婚者とは知らないケースもあります。その場合は浮気相手であっても被害者です。
その事を知らないまま浮気相手を攻撃することは感情的にも正しくないですし、実害を被ることもあります。
その場合はむしろ浮気相手を味方につけることで夫に対しての制裁をより大きなものにすることも可能となります。

浮気の制裁に必要な情報を手に入れるには

自身でもある程度の情報を手に入れる事は可能かと思いますが、どうしても限界を感じる場面が存在するかと思います。無作為に情報を得ようとすれば、夫や浮気相手に調べている事が露見し、相手に言い逃れの機会を与えてしまうかもしれません。
そもそも、情報を調べるということは多大な労力がかかることがほとんどです。我々のような探偵に依頼するにしても、調べる情報の焦点を絞らなければ、時間や金銭の面で大きな負担になります。

よすが総合調査の浮気調査・浮気相手の素性調査

浮気調査には効率もそうですが、調査した結果、状況が望んでいたものでなかった場合、次に繋がるように保険をかけつつ行うことが大切です。よすが総合調査では単純な調査の受注だけでなく、依頼の相談の段階で依頼者が把握している情報を精査し状況の推測を行い、依頼者の望む結果に最適な調査の立案、依頼者取るべき行動のアドバイスを含めたトータルサポートを行っています。自分の取るべき行動がわからなかったり、自分の判断に確信が持てず不安を抱えている方はまずは一度ご相談ください。よすが総合調査はあなたの力に必ずなれると自負しています。

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。