よすが総合調査では、公安認可の総合調査会社として信用調査や個人の捜索調査などを行っています。今回は、お金を貸した相手と連絡が取れなくなってしまった場合の対処法などについてのご紹介しています。同様のトラブルで探偵や興信所へご相談をお考えの方は、当ページを参考にご覧ください。

「お金を貸した相手と連絡が取れない」ご相談例

「逃げる人物」の捜索にあたって

失踪者や行方不明者と、意図的に痕跡を隠して逃げようとする人物は、探し方が異なります。
今回のご相談のケースでは、債権・債務者という関係上から意図的に連絡を絶たれてしまった可能性が見受けられるため、専門的な捜索が必要になる場合があります。

実際に寄せられたご相談の紹介にあたって、プライバシー保護のため一部内容を変更してご紹介しています。同様のトラブルでお悩みの方、あなたにあった解決方法を知りたい方は、無料相談窓口までご相談ください。

「信用してお金を貸したのに…」

初めてご相談致します。
最初に20年来の友人(以下、A)から相談を受け70万円ほど貸しました。借用書などは作っていませんでした。使い道はあえて聞きませんでしたが、程なくしてそのお金はすぐに返ってきました。

それから半年後、Aから再び連絡があり「今度は200万ほど貸して欲しい」との事でした。
前回のこともあったため、同じように借用書無しでお金を渡しました。しかし今回は額が額なだけに、念のために使い道を聞くと、Aが友人と共同経営しているお店の修繕費との事でした。
その知人が飲食店を経営をしていることも知っていたし、共通の知人も多く、逃げはしないだろうと思っていましたが、甘かったです。
それから数週間後、Aとは音信不通になってしまいました。

あわててAの経営する飲食店へ行ってみたところ、お店は閉まっており、しばらく人が出入りしたような形跡もありませんでした。
近くの方にお話を伺ったところ、私が最後にお金を貸したあたりから、お店が空いているのは見たことが無いそうです。
またAは独身で、家族はいないため、突然いなくなった事に気付かれにくかった面もあると思います。

この件について共通の知人に相談したところ、その知人もAに数十万貸している事がわかりました。おそらく、他にも同じような人がいると思います。
どういった事情があったのか分かりませんが、長年の友人なのでとにかく今は連絡をとって話を聞きたいと考えています。お金は返して欲しいですが、何かトラブルがあったのでは無いかと心配しています。

Aについては、本名、住んでいた町、年齢、実家の住所(変わっていなければ)、口座番号、携帯番号、LINEのアカウントを知っています。
ここからAを発見する事は可能でしょうか。

東京都:50代 男性
借金-行方不明-失踪-発見-無料相談窓口

「お金を貸した相手と連絡が取れない」専門家の回答

計画的な失踪の疑いが強い事案

特に典型的な「借金から逃げる人」の動きが見受けられます。
最初にある程度の返済実績を作ってから、更に大きな額を引き出し、それを持って逃げてしまう方法は、よくある手口です。
そのため、最初に70万円を借りようとした時期から、その後の持ち逃げを画策していた可能性があります。

半年〜1年前から失踪の準備をされている場合、痕跡が残らないような逃亡の方法を取られていたり、入念な準備をされているわけですから、捜索は非常に困難を極めます。
そのため、今手元にある情報から地道に捜すよりも、Aさんに対して直接アプローチをして誘き出す方法が最も効率よく発見できると考えます。

失踪者を誘き出す方法とは?

公認の調査会社のみが使える専門的な人探し調査があります。
それは、調査対象者がなにかアクションを起こした際に、それについて知ることができる方法です。例えば、お金の動きが見受けられた場合や、何かの契約をした、通信サービスの利用を開始したといった時、それについて場所や時間などを調べることができます。

ただ、逃走を続ける人物はそれだけ用心をしていますから、簡単に痕跡が残るような行動をとりません。
そこで、専門家がまず状況について精査してから、適切なタイミングでその調査を実行することで、痕跡や足取りを掴むことが可能です。
ともかく、他に債権者がいる可能性が高いとの事ですから、相談者様が一刻も早くAさんを見つけないと請求が出来ない場合もあります。
人探し調査は、着手までのスピードが命ですので、まずは依頼をご検討ください。

(回答者:生活アドバイザー 山口)

お金を貸した相手と連絡が取れない場合に必要なこと

まずは手元の情報を整理しましょう

お金を貸した相手と突然連絡が取れなくなってしまった、いなくなってしまったといった場合は、痕跡が消えてしまう前にすぐ探し始める必要があります。
それにあたり、今回の相談者様のように、事前に情報を取り揃えてまとめておきましょう。
失踪人の捜索に有用できる情報は、以下のようなものがあります。

  • 本名
  • 元の住所
  • 生年月日
  • 借金額
  • 携帯番号
  • 口座番号
  • 体型、見た目の特徴
  • 車のナンバー
  • SNSアカウント

失踪者を発見できた場合は

借金による失踪者の場合は、発見後に回収をしなければなりません。
そのために、対象者の素行調査や、現在の動向についての調査を合わせて行うことが可能です。
これにより、借りたお金の使い道や現在の生活実態、逃走の動機についてまで知ることができる場合があります。

特に注意しなければいけないポイントとして、「こちら側が見つけた事に気付かれてしまう」と再び逃走をされてしまいます。
そのため、出来るだけ相手が気付いてない状況で、対象者の情報を押さえて、入念に準備をする必要があります。

今回ご相談のケースだと「とりあえず話がしたい」とのことですが、そうした猶予を与えることで再び失踪してしまう可能性が高いと考えられます。
まずは債権の回収に関する調停をし、Aさんのサポートについては別で解決するといった方法もありますので、解決までの順番には最新の注意を払いましょう。

まとめ

専門家と共に冷静な対処を

お金を貸した相手が突然音信不通になったら、パニックになってしまいます。
それが長年来の友人などであれば、怒りなどもあり、尚更冷静に対処が難しくなってしまうかと存じます。
しかし、そうした時ほど冷静に、今できる対処をしなければいけません。
今回のケースでは、まずAさんを発見し、その動向を確認してから、どういった対処をするのかを検討しましょう。

よすが総合調査では、専門の調査員やアドバイザーの他に、心理カウンセラーなどが在籍し、今のあたなが取るべき行動についてアドバイス致します。
どうしていいか分からない、とにかく解決したいと言ったご相談も歓迎しておりますので、詳しくは下記の相談窓口よりご連絡ください。

お金を貸した相手と連絡が取れない 無料相談窓口

よすが総合調査では、失踪者の1日も早い発見のために24時間・365日ご相談を受け付けています。
相談方法は、フリーダイヤル、メール、ご面談(完全予約制・全国対応)が全て無料でご利用できます。
また匿名でのご相談も可能なため、初めてご相談の方に多くご利用いただいております。

失踪人の捜索は、探し始めるまでのスピードが大切です。
同様のトラブルでお悩みの方は、すぐにご連絡ください。

借金-失踪-行方不明-捜索-無料相談窓口

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。