よすが総合調査は、ストーカー被害や嫌がらせ被害について解決を行う調査会社です。今回は、職場内で起きるストーカー被害から、偶然を装うつきまといや待ち伏せをされている場合の対処法と被害の実例などをご紹介いたします。

このような偶然を装う待ち伏せやつきまといは、職場内で発生してしまうと証拠が取りづらく、解決が難しいトラブルでもあります。なおかつ、強いストレスを受けてしまうため、被害を受け続けると仕事や生活に支障が現れてしまいます。そのため、決して相手が諦めるのを待つのではなく、正しい対処法を素早く講じる必要があります。

また、ストーカーは徐々に過激化する傾向が見受けられるので、必ずご自分の心身を守るためにも、お早めに専門家までご相談ください。当ページでは汎用的な情報をご紹介しておりますが、個別でのご質問やご相談は無料相談窓口までお寄せください。

職場で偶然を装うつきまとい・待ち伏せするストーカー

職場での危険なストーカー被害にご注意ください

職場や勤務先で起きるストーカー被害は、証拠が取りにくく、解決が難しいと言われています。実際に会社へ訴求をしても取り合ってくれなかったり、ひどいケースではストーカー被害自体を揉み消されてしまったりする場合があるためです。

実際に、職場でのストーカー被害は地位や立場を利用したものが多く、こうした点も解決が難しい理由となっています。例えば、社員の男性がパートの女性に対して交際を迫ったり、上司の女性が部下である男性に偶然を装う待ち伏せを行うなどの事例が寄せられています。

しかし、場所や立場という問題があったとしても、人に迷惑をかけるストーカー行為は立派な犯罪です。しっかりと証拠を取り、正しい訴求先に提出することで、辞めさせることができます。

職場でのつきまといや待ち伏せで受ける「強いストレス被害」

偶然を装うつきまといや待ち伏せは、好意から行われるストーカー行動である場合が多く、そうした行動を取る心理として「自分を意識してほしい」という身勝手な思い込みがあります。

実際に、洗脳やマインドコントロールの手口として「刷り込み」があります。これは、同じモチーフやワードを毎日頻繁に見せることで、対象者にトラウマやストレスを与える手口です。職場でのつきまといや待ち伏せはこれに近い状態となってしまい、被害者はストーカー相手を見るたびに強いストレスを受けるような刷り込みが生まれてしまいます。

そのため、そのまま放置しストレスを受け続けると、仕事(職場)へ行く=ストーカーに会うというトラウマが生まれてしまい、仕事自体ができなくなってしまったり、体調への問題も生じてきてしまいます。

実際に相談の多い「職場でのつきまとい・待ち伏せトラブル」

職場でのこうしたストーカートラブルで、実際に寄せられるご相談の中から、特に危険な被害をご紹介しています。以下のような点に思い当たることがある場合は、危険なストーカー被害に発展してしまう可能性があるためご注意ください。

■「上司からのつきまとわれている」(30代 女性・会社員)

私の職場では2人1組の外回りがあり、必ず同じ上司と私が同行することになっていて「おかしいな」と思っていました。一度、仕事が遅くなり家の近くまで車で送ってもらったのですが、それ以降、最寄りのコンビニでその上司と何度も会うようになってしまいました。
上司は、毎回「実家に行く途中の道だから」「この辺のジムに通っていて」などと言い訳をしていますが、明らかに偶然を装って私を待ち伏せしています。
このことについて会社に相談しましたが、上司の肩を持たれてしまい、逆に「一度飯でも行ってあげたらどうだ」などとセクハラ紛いの対応をされてしまいました。
非常に腹立たしいので、証拠をとって、故意な待ち伏せであることを証明したいと考えています。

■「元交際相手が職場近くで待ち伏せ」(40代 男性・飲食店員)

飲食店に勤務しているのですが、数年前に付き合っていた元彼女が何度も店舗を訪れています。最初は久しぶりに会ったので一般的な対応をしていたのですが、次第に何度も顔を合わせるようになり、何か様子がおかしいなと気づきました。
店を閉めた後に私の近くへ現れたり、私の知人と接触を図り私のことを聞き出そうとしているようなのです。
正直なところ、彼女が現れるたびにストレスを感じてしまうため、もうお店に来てほしくはありません。しかし私がはっきりとした態度を取るのも、相手の性格からすると危険な気がしています。どうすれば解決できるでしょうか。

■「職場の社員からつきまとい行為」(20代 女性・パート)

比較的大きな会社の中で派遣として働いています。社員の男性から連絡先を聞かれ、ランチの時に誘われたりするようになりました。やんわり断っていたのですが伝わらなかったようで、ストーカー?のような状態になっています。
出社や退勤の時に同じ時間に合わせられたり、休憩の時も同じ時間で出てきます。社員の方なので、知ろうと思えば住所などを知れると思うので、このままエスカレートしないか心配しています。会社の人は皆社員なので相談できない状況です。

ストーカー-対策-つきまとい-待ち伏せ-職場-解決-探偵-興信所
ストーカー被害の解決-悪質なつきまとい・偶然を装う待ち伏せには正しい対処を

ストーカー被害 – つきまとい・待ち伏せへの正しい対処法

■絶対に相手を刺激をするような言動・行動を取らない

好意からのつきまといや待ち伏せを行なっているストーカーに対し、相手を挑発するような言動、恥をかかせるような対処は更に危険な被害へと発展してしまう場合があります。

その理由として、職場という場所の関係上、トラブルが起きても簡単に切れない関係性があり、後に別の嫌がらせ・ストーカー行為へと飛び火してしまうことが懸念されるためです。特に上司と部下など立場を利用したストーカー被害の場合は、その傾向が顕著に現れます。

また、つきまといや待ち伏せを行うストーカーは、多くの場合「自分が人へ迷惑をかけている・悪いことをしている」自覚がありません。そのため、相手を不用意に刺激してしまうと好意が怒りへと変わってしまう可能性があり、とても危険です。

■ストーカー被害の専門家を味方につける

ほとんどのストーカー行為が、グレーな行為と違法な行為のギリギリのラインを行き来しながら、被害者をにプレッシャーを与え攻撃し続けています。そのため、少しでも違法性がある行為に切り替わった瞬間に、確実に証拠を取得して然るべき対処を行えるよう、事前に専門家を味方につけておく必要があります。

つきまといや待ち伏せはもちろんストーカー防止条例で違反とされる行為です。しかし、それが偶然を装う言い訳がされないよう、しっかりと証明を行わなければいけません。そうしたケースにおいて、被害者とは別の動きをして証拠を集める第三者が必要となります。

ストーカー加害者側としても、プロが介入したことが分かれば多大なプレッシャーとなりますし、それだけでストーカー被害が止んでしまう場合もあります。そのため、まずはストーカー被害に詳しい専門機関へのご相談をお勧めしています。

■証拠取得とストーカー犯の身元調査

つきまとい・待ち伏せなどのストーカー行為を根本的に辞めさせるには、相手より優位な立場に立って、「ストーカーをしたことを後悔させる」ような対策を取らなければいけません。そのために、よすが総合調査では、証拠取得と合わせて、加害者の身元に関する調査も行なっています。

身元調査とは、職場で得られるような名前、住所、連絡先だけの情報ではなく、家族構成や実家の連絡先など多岐にわたります。こうした情報を得た上で、「どうすればストーカーが諦めるか」を専門家がご提案しています。

POINT! 具体的な解決方法について
ストーカー被害は人によって相手・環境・手口が異なるため、決まった解決方法があるわけではありません。しかし、ストーカー被害の解決とは「犯人の逮捕」「念書を書かせる」という形式上のものではなく、「ストーカー行為が行われなくなる」ことです。
そのためには、多くの場合「証拠の取得」「加害者の情報」「正しい訴求先(職場・警察・弁護士など)」が求められます。

プロが行うストーカー対策 – つきまとい・待ち伏せの証拠取得とは

ストーカーが行う悪質なつきまとい・偶然を装う待ち伏せの証拠を取得

故意性を証明できる証拠を取得できます

よすが総合調査では、これまで様々なストーカー被害を解決してきた心理カウンセラーと調査員が、被害の解決にあたります。一人一人の被害と犯人の傾向、手口などを分析し、ストーカー被害の証明に最も有効となる証拠を取得することができます。

例えばつきまとい・待ち伏せであれば、加害者の行動を尾行・張り込み調査によって特定し、偶然を装う言い訳をさせないようにします。また職場内での被害に関しては、機材レンタルサポートや法的な場で証拠となる記録の取り方をサポートし、被害者の皆様と一緒にストーカーの解決を目指します。

法廷でも使用できる安心の報告書

ストーカー-対策-つきまとい-待ち伏せ-職場-解決-証拠-報告書

被害届の提出や法的な訴求となる場合でも、よすが総合調査の報告書であれば心配ありません。様々なシーンでもご活用いただけるよう、信頼のクオリティで報告書を作成しています。

特につきまといや待ち伏せの証拠は、写真や動画での証明が最も有効です。必ずストーカー被害が解決できるよう、必要な情報や重要な証拠を、写真や映像、音声で取得しお渡しするほか、現場の調査員が見たこと聞いたことを文章にて記載しております。日時や場所のデータも詳細に記述しているため、どのようなご利用方法でも重要な資料となります。

ストーカー対策の調査費用とは

ストーカー-対策-つきまとい-待ち伏せ-職場-解決-費用-料金
※上記の料金表は税別の価格となっています。
※追加調査や人数によって料金が変動することがあります。

よすが総合調査では、専門のアドバイザーがストーカー被害の解決に向けて、最も効率的なプランをご提示しています。また、ストーカーが再犯しないような説得交渉、防犯アドバイスなどのアフターサポートも取り行っています。

まとめ

ストーカーからの職場での待ち伏せ・つきまといにお悩みの方へ

今回は職場でのストーカー被害における待ち伏せ・つきまといについてご紹介しました。職務上での立場を利用したストーカーや、偶然を装うつきまとい行為は極めて悪質なストーカー被害であり、今後エスカレートする可能性も十分にあります。

また職場という場所の性質から「周りに相談しにくい、大ごとにしたくない」という被害者の心理を悪用した卑劣な手口です。そのため泣き寝入りしてしまったり、自分が我慢すればいいと思ってしまう被害者も多く見受けられます。

よすが総合調査では、そうした被害に厳正な対処をするために、ストーカー問題を数多く解決してきた専門家が対応いたします。証拠の取得だけでなく、ストーカー加害者への説得やカウンセリングなども行い、被害者の皆様それぞれに最も良い解決法を目指しています。

ストーカー被害 職場でのつきまとい・待ち伏せ 相談窓口

よすが総合調査の無料相談窓口は、24時間・365日ご利用いただけます。
相談方法はフリーダイヤル、メール、ご面談(完全予約制・全国対応)が、どなたでも全て無料でご利用いただけます。もちろん匿名でのご相談も可能で、秘密厳守をお約束しています。

これまで受けたストーカー被害の内容、相手の情報、つきまといや待ち伏せの手口などを併せてご相談ください。専門のアドバイザーが回答いたします。

ストーカー-対策-つきまとい-待ち伏せ-職場-相談-探偵-興信所

    あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
    ※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

    任意個人様/法人様
    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須住所(都道府県)
    任意電話番号
    任意性別
    必須相談内容【複数の選択可】
    必須調査したい相手との関係性
    必須調べたい事柄

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。



    【自動返信メールが届かない時は】

    当サイトのフォームからお送りいただくと、すぐに自動返信メールが届きます
    自動返信メールが届かない場合は、下記のような理由が考えられます


    ■メールが届かない理由の一例
    ・メールアドレスの入力間違い
    ・自動返信メールが迷惑フォルダ等に移動している
    ・携帯キャリアのメールアドレスをお使いで、PCメールの受信拒否をしている
    ・受信フォルダ・メールボックス等が容量オーバーになっている等
    ※当サイトではメールが届かない方の特定ができないため、直接ご連絡差し上げることができません。

    ■対処法
    ①相談窓口よりフリーダイヤルからご相談ください
    ②お使いのメールアドレスより直接「soudan●yosuga-gr.jp(●を@に変更)」までお送りください。