よすが総合調査ではストーカー被害に遭われている方の解決に向けて、プロの調査員が写真や映像での証拠収集を行っています。特にストーカートラブルの解決には、決定的な証拠と相手の特定が必要不可欠です。

当ページでは、ストーカー被害の証拠写真を撮影する場合において、その方法や費用などをご紹介しています。現在このようなトラブルに遭われている方は、決してお一人だけで対処しようとせず、解決実績のある専門家にご相談ください。

ストーカーの写真や映像を撮って証拠にしたい

ストーカー犯の証拠となる写真に必要な条件とは

ストーカー被害の解決に置いて、写真や映像での証拠取得は今や必要不可欠となっています。しかし、被害者の皆様ご自身が撮影を行うことは非常にリスクが高い行為でもあります。

また、危険を冒して撮影をしても、不鮮明であったり日時がわからないなど、証拠として利用できない場合があるためご注意ください。特に証拠写真として有効なものの条件としては、以下のようなものがあります。

●証拠写真の条件その1「犯人の顔や容姿が写っている」

ストーカー被害の証拠として最も有効なのは、犯人の顔や容姿など、特定に繋がる情報が写真で鮮明に記録されていることです。

当たり前のことかと思われますが、長時間撮影を目的とした監視カメラなどでは、10秒間隔で撮影を行うものであったり、フレーム(1秒間に撮影されるコマ数)が極端に低い場合があります。せっかく犯人を犯行を撮影できていても、ブレによりシルエットしか写っていない等の失敗が考えられます。

また犯人の顔については、不鮮明な場合でも靴や体型、身長などで犯人を割り出すこともできるため、出来るだけ全身が撮影できるような形での写真撮影が求められます。

●証拠写真の条件その2「犯行の瞬間が撮影されている」

ストーカー犯が行う加害行為の瞬間が撮影されていることも条件として重要です。
例えば、近くを歩いている姿などが撮影できたとしても、その写真だけでは被害の証拠として利用しにくいことが想定されます。

例えば器物破損や住居侵入などが疑われるケースでは、必ずその瞬間が写真として取れるような形でカメラ設置などを行わないといけません。顔や容姿の写真ももちろんですが「その人物がこの行為をした」と一目でわかるような写真が必要となります。

●証拠写真の条件その3「日時が正確に分かる」

撮影した写真や映像について、日時が正確に記録されていなければ、証拠としての能力が著しく弱いものとなってしまいます。

カメラ機材の時間調整が狂っていたり、写真ファイルなどが壊れていて正確な日時がわからない場合があります。これは特に外国製の安価な小型カメラなどを使っていると起こりやすい問題です。

事前にしっかりと機器の確認や、使用していていても問題がないかチェックをする必要があります。また写真や映像の中に日時が記録されるタイプのカメラだと尚安心です。

その他・あるとより良い証拠写真の条件とは?

上記は証拠写真に必要最低限ですが、その他にもあると良い条件があります。

例えば、固定カメラの場合は「ストーカー犯人がどこから来て、どこへ去っていくのか」などの方向まで映るよう、広めの画角や広角レンズでの撮影が求められます。これにより、犯人の前後の動向を追いやすく、証拠として有用できる場合があります。

また、ストーカー犯は夜に加害行為を行う場合も多いため、写真や映像を撮影する際は暗所に強い機材を使うことをお勧めします。フラッシュなどを焚いてしまうと、カメラに気付かれて壊されてしまうこともあるためご注意ください。

最強の証拠は「ストーカーが言い逃れができない写真」

上記で様々な条件を紹介しましたが、最も強い証拠は「ストーカー犯が言い逃れしようのない決定的な証拠写真・映像」です。顔や犯行内容がしっかりと写っていれば最善ですが、服装や車両など本人が言い逃れできないような情報が写っていれば、証拠として有効に活用することができます。

そのため、ストーカーの犯行内容や相手によって最善な証拠の条件は微妙に異なります。例えばストーカー犯が隣人の場合であれば、部屋から出てくる後ろ姿の写真でも問題ありません。あなたの場合はどのような証拠が有効かは、現在受けられている被害をお伝えの上、専門家までお尋ねください。

ストーカー-証拠-写真-探偵-興信所-相談
ストーカー被害の証拠取得-写真や映像の撮影はプロにお任せください

ストーカーの証拠写真を自分で撮影する場合

証拠となる写真や映像の撮影機材について

■防犯カメラの設置

ストーカーが定期的に現れる、家に来てしまう、物を壊す、手紙を置いていくなどの被害の場合は、防犯カメラの設置が有効な場合があります。

しかし防犯カメラについて多くの方が勘違いされている点があります。それは、防犯カメラ設置の真の目的は「撮影していることを相手に知らせる」ことであり、あくまでも防犯としての効力を発揮することです。

ストーカーなどのトラブルでよく耳にするのが「高額な監視カメラを設置したが、死角から被害を受けてしまった」という内容です。犯人の姿を撮影する目的であれば、絶対に相手に気付かれないカメラを設置しなければいけません。

■スマートフォンのカメラでの撮影

近年のスマートフォンのカメラは性能が非常に良くなっており、機動性もよく暗所での撮影にも対応ができるため、ストーカー被害の写真を証拠として取得するのに有用できます。

ストーカー被害の内容にもよりますが、物を壊された、手紙が送られてくる、汚物や体液で汚された等の証拠を記録することは非常に重要なため、証拠保全として少しでもおかしい点があればスマホのカメラで撮影しておくことが重要です。

注意点としては、携帯を向けられた時に人は防御反応を取ることがありますので、直接犯人を撮影したり、追いかけて撮影するようなことは避けましょう。もしストーカー犯を撮影できるような状況であれば決して無理に撮影を行わずに110番して警察を呼ぶことが重要です。

■腕時計型、メガネ型などの小型隠しカメラについて

防犯グッズ店やインターネットでも購入できる、こうした撮影機器については使用の際に注意が必要です。特にメガネ型のカメラが盗撮に用いられて検挙された事件が起きた影響もあり、思わぬトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

このような隠しカメラはプロの探偵も使用することがありますが、身につけるものに仕込んだカメラでの撮影する際、体勢や行動が不自然なものとなり、逆に目立ってしまう場合があります。そのため使いこなすには、練習が必要であったり条件が合致したシチュエーションに限定される場合があります。

防犯用として所持しておくことは問題ありませんが、このような機材だけでストーカーの証拠を撮ろうとすることはあまりおすすめしていません。

ストーカーの証拠となる写真・映像について注意するべきこと

絶対に無理な撮影をしない

前述でもご説明しましたが、ストーカーの証拠として写真を撮るために危険を冒したり、逆に相手を逆撫でするような行動はお控えください。更なる危険に発展する可能性が大いにあります。

例えば目の前にストーカーが現れていたり、不審な行為を目撃した場合でも、まず撮影を行うのではなく、安全を確保した上で通報することが先決です。

証拠となる写真や映像の撮影することは、必ず安全が確保された状況で、かつ相手に気付かれていない場合のみ有効です。絶対に無理はしないでください。

「証拠を持っている」ことを相手に知られないようにする

証拠写真や映像を撮影するとき、相手に気付かれないようにすることはもちろんですが、撮影後の取り扱いにも注意しなければいけません。

特にストーカートラブルにありがちな事例として、決定的な証拠写真などを取得したことがきっかけで、犯人が捨て身となり犯行が過激化してしまうことがあります。また、稀に証拠写真や映像を取得したことを犯人に伝えて、辞めるように諭す被害者の方もいらっしゃいますが、逆効果となってしまう場合もあります。

証拠となる写真や映像は適切に使う必要がありますのが、人それぞれ最適な解決方法は異なります。証拠が取得できたとしても、必ず専門家へご相談ください。

一人だけで対処を行わない

ストーカー被害は「周りに相談しにくい」ことを逆手にとった悪質な犯行です。しかし、一人だけで証拠を取得したり写真や映像を撮影することは、非常に危険を伴います。

何かあった際に一人では対処ができない場合も生じるため、ストーカーをやめさせるためには必ず周りに相談をした上で対策を講じてください。

ストーカーの証拠写真や映像を効果的に活用するには

決定的な証拠となる写真や映像を取得することがゴールではありません。ストーカー被害を根本的に解決するには、その証拠を有効に利用する必要があります。

一般的な対処としては、警察へ提出して刑事事件化したり、弁護士に依頼して民事で裁判を起こすことが考えられます。しかし、それらの対処を行なったからといって、完全にストーカー被害が止むとは限りません。証拠の間違った利用方法によっては逆効果となってしまったり、恐喝や脅迫で逆に訴えられてしまうこともあります。

ストーカーを完全にやめさせる場合には、相手や被害内容にあった訴求先に適切な対処を行うことが求められます。詳しくは無料相談窓口へご相談いただくか、下記のリンクを参考にご覧ください。

プロが行うストーカーの写真撮影・証拠取得について

ストーカーの証拠取得を専門家に依頼するメリットとは

専門的なカメラや機材を用いて証拠写真を取得

よすが総合調査では、これまで様々なストーカー被害を解決してきたプロのアドバイザーと調査員が対処にあたります。その経験から、証拠となる写真や映像の撮影を行うため、自社開発の特殊なカメラ機材を使用します。

これにより、犯人に決してわからぬよう、いつ起きるか分からないストーカー被害の証拠を取得することができます。トラブルによっては機材の貸し出しや、証拠取得のための行動サポートも行なっております。どんなことでも経験豊富なアドバイザーにご相談ください。

証拠写真と併せて犯人の身元や住所を特定

機材での写真撮影だけでなく、張り込みや尾行の技術を使って犯人の身元特定を行うことができます。訴訟などの法的対処をお考えの場合は、加害者の本名や住所が必要となります。

ストーカー犯がどこの誰かわからない場合などには、併せてこのような調査を実施することで、対処に有用な情報を得ることができます。

法廷で使用できる写真での報告書を作成

よすが総合調査では、様々なシーンで証拠として有効にご利用いただけるよう、詳細な報告書として写真や映像のデータをお渡ししています。写真だけでなく、現場の調査員が見聞きしたことを文章で詳細に記録しています。

このような報告書は、証拠写真として裁判などでもご利用いただけますので、法的対処をお考えの方に多くお選びいただいております。

ストーカー被害の証拠取得にかかる調査費用とは

ストーカー-写真-証拠-探偵-興信所-費用-料金
※上記の料金表は税別の価格となっています。
※追加調査や人数によって料金が変動することがあります。

よすが総合調査では、専門のアドバイザーがストーカー被害の解決に向けて、最も効率的なプランをご提示しています。

特に写真や映像の証拠取得に関しては、お住まいの環境やストーカー被害の内容によって、必要となる日数や調査員の人数、使用機材が異なります。そのため、個別の詳細なお見積もりに関しては専門のアドバイザーへご相談ください。

まとめ

一人で悩まず専門家とストーカー被害を解決しましょう

当ページでは、ストーカー被害の解決に向けた証拠となる写真や映像についてご説明いたしました。
よすが総合調査は、プロの探偵が行う撮影によってこれまで数々のストーカートラブルを解決へ導いてきた実績があります。解決をお考えの方は必ず私たちにご相談ください。

特にストーカー被害の証拠取得に関しては、多種多様な手口で犯行が行われるため、シーンに合わせた臨機応変な対応が必要です。そのような技術は、数々のストーカートラブルへ対処した経験によって培われるため、一般の方だけでは対処が難しいのは当然です。

そのため、なかなか証拠が取れないような場合や、一度失敗してしまったようなストーカー被害についてもお任せください。

ストーカーの証拠写真・映像の撮影に関する無料相談窓口

よすが総合調査の無料相談窓口では、1日も早いストーカー被害の解決に向け24時間・365日ご相談を受け付けております。

相談方法はフリーダイヤル、メール、ご面談(完全予約制・全国対応)が、どなたでも全て無料でご利用いただけます。もちろん匿名でのご相談も可能で、秘密厳守をお約束しています。

また皆様がご利用しやすいよう、アドバイザーが親切丁寧なサポートを行います。初めての方でも安心してご利用ください。

ストーカー-写真-証拠-解決-相談-探偵-興信所

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。