近所の人からの乱暴な言動というのもストーカー被害に含まれます。

昨今ではニュースやワイドショーなどでも取り上げられ、逮捕者も出ていたりしますが、被害の数に比べると解決にまで至るケースはあまり多くありません。

それどころか傷害や殺人にまで発展してしまったというケースも多々見受けられます。

乱暴な言動というのはそれだけで罪に問うことが難しい反面、明確な悪意や害意が存在するために早い段階での解決が重要です。

この記事では全般的な対処法とケースごとの対応策や注意点を紹介しています。

乱暴な言動を振るう人の特徴

ご近所トラブルの内容は千差万別ですが、それが乱暴な言動にまで発展しているケースだと、加害者側が痴呆などの原因による感情失禁や精神障害を患っていることが背景にあることが多く見受けられます。

ただ、精神障害に関しても症状の軽重があるため、すべて同じ対応をすればいいかというと必ずしもそうではありません。

まずは相手の主張を確認する

乱暴な言動にまで発展している場合、論理的な会話や説得が通じない場合が多く、被害に合うきっかけのトラブルがあったとしても、それとはすでに関係ない部分に動機が着地していることがあります。

ただ、客観的に見て、きっかけになったトラブルの原因がこちら側にあり、その部分にのみ相手側の主張にも一定の正当性が見受けられる場合はまずそれを改善する必要があります。

改善を行うことで事態が沈静化することもありますし、改善をしても被害が続くようであれば、対外的な正当性の主張を行うことが可能となります。

相手方の不満に思っている部分を明確にすることで、表面的には見えてこない隠れた動機を察することができるかもしれません。

その場合はまた別のアプローチでの解決方法が見つかることがあります。

被害のきっかけになるトラブルの例

  • 騒音トラブル
  • 境界線問題
  • ごみ問題(異臭など)
  • ペットトラブル

こういった些細なご近所トラブルきっかけになることが多いようです。

乱暴な言動の被害に遭うことで意固地になってそれらを改善されない方もいますが、目的は勝ち負けではなく事態の沈静化です。

また、前述した正当性の主張の意味でも必要になるので、可能な限り改善は行いましょう。

隠れた動機

  • 生活状況の差
  • 車や装飾品
  • 子供の学歴
  • 職業

などの妬みが背景にあるケースもあります。

こういったものが動機に含まれる場合は、相手側のコンプレックスを解きほぐすことで問題が解決することがあります。

きっかけに一切心当たりが無い場合

思い違いが原因だったというケースも多々あります。

その場合は直接的な聞き取りや説得が難しいため、相手が信頼を寄せている人物、一目置いている人物の協力を得る必要があります。

近所の人からの乱暴な言動を解決するには

加害行為の録音や録画を行う

ただし気づかれないように行わなくてはなりません。

相手に撮影・録音していることを伝えて、相手の動きを抑えようとする人もいますが論外です。

明確な敵対行為をとることで、相手が逆上する可能性があります。

監視カメラなどの設置も、相手の感情を逆撫ですることになります。

逆に加害行為が監視カメラが意味を成さないようなより陰湿な方法に変わることもあるので避けましょう。

相手に家族がいる場合

相手方の家族の倫理観がまともであればそもそもそういう事態にはなっていません。

性格や家族の中での上下関係、体力や労力的なものが原因であったとしても、事態を放置していい理由にはならないからです。

その場合は事態を放置することが明確に不利益になることをわからせる必要があります

家族ぐるみで加害が行われている場合はその限りではありません。

地域の顔役に相談

地域の有力者にあたる人物に相談することで地域ぐるみでの対応が可能になる場合があります。

その場合は前述した証拠類が有効になります。

ストーカー-解決-方法-近所-乱暴-言動-年中無休

賃貸の場合は引越してしまうのが一番

正直なところ、加害行為にまで発展している隣人との関係を修復、あるいは相手が反省するまで追い込むことは不可能ではありませんが多大な時間と労力を覚悟しなくてはなりません。

金銭以外の理由でその場所に留まる理由がない場合はすぐに引っ越しを行ったほうが良いでしょう。

金銭面に関しては、証拠類があれば、交渉や訴訟によってある程度負担を減らすことも可能になります。

逆に相手側が賃貸であれば引っ越させてしまうのも一つの手ですが、その場合には相手の引越し先や連絡手段は確保しておく必要があります。

一方的に住所を知られている状況でまだ引っ越しまでさせてしまえば、相手の逆恨みによってなにをされるかわかったものではないからです。

ある程度動向を把握しておく必要があります。

自分と相手が両方持ち家の場合

どちらもそう簡単に引っ越しをすることはできませんし、損失が出た場合の額も相当なものになる可能性が高いかと思います。

被害が乱暴な言動の範疇にある場合は相手方を強制的に立ち退かせるというのも難しく、またこちら側の引っ越しの損失額を相手方に補填させるのも難しいかと思います。

その場合は非常に繊細な作業によって事態を穏便に解決する手段を探らなくてはなりません。

近所の人からの乱暴な言動にお悩みの方は

こういった問題は具体的な解決策が思い当たりにくく、途方に暮れている方も多いかと思います。

よすが総合調査は、ご近所トラブルはもちろん、そこから発展したストーカーや嫌がらせの被害を解決するための調査やアドバイス業務を行っております。ぜひご相談ください。

ストーカー-解決-方法-近所-乱暴-言動-無料相談ダイヤル

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。