当ページでは、連絡取れない人と連絡を取るための手段や、安否確認についての方法を、ご相談事例別にご紹介しています。同様のトラブルでお困りの方は参考にご覧ください。

特定の人と連絡が取れなくなり安否確認が必要な場合は、すぐに人探し調査を開始する必要があります。連絡が取れないまま放置してしまうと、捜索のための手がかりが失われたり、本格的な行方不明・失踪へと発展することが多いためです。

現在、大切な人と連絡が取れない・安否確認が必要な場合は、すぐに無料相談窓口へご相談ください。全国どこからでも、匿名でもご利用が可能なので、どなたでも安心してご利用いただけます。

連絡が取れない人と連絡を取る方法・安否確認の手段に関する無料相談窓口
連絡が取れない人と連絡を取る方法・安否確認について – 探偵・興信所の無料相談窓口

連絡が取れない人と連絡を取る・安否確認について

連絡が取れない人と連絡を取るために

連絡が取れない人の現住所・所在を特定

連絡が取れない人に関する安否確認を行う場合は、まず最初に現住所など所在の特定する必要があります。これについては、通常の行方不明者・失踪人の捜索と同じ、人探し調査の手法が用いられます。

専門的プロファイリングを用いた捜索・特定調査

連絡が取れない人を捜索する調査では、対象者の心理や行動分析した上で、適切な調査手段やプランを構築することが最初に必要とされます。

ここで言う分析とは、失踪理由や動機による行動パターンの絞り込みや、移動手段などに伴う行動範囲の予測などです。そうしたプロファイリングを元に、人探し調査に長けた調査員が捜索にあたります。

■POINT「ビラ撒き、SNSでの拡散について」

失踪理由や状況にもよりますが、連絡が取れない人を探すために無作為な捜索や聞き込み、ビラ撒き、ネットやSNSでの拡散については、初手で行うと逆効果を産んでしまう可能性があるため注意が必要です。

その理由として、自発的な失踪の場合は「自分が探されている」と気付かれると更に逃げられてしまったり、痕跡を消されてしまう場合があるためです。

また、ご自身で安否確認や捜索を行うケースについても、情報公開を伴う探し方は最終手段として残しておき、まずは足で探す方法をおすすめしています。

安否確認のための人探し・捜索技術

連絡が取れない人の所在を特定するため、聞き込み調査や尾行・張り込みだけでなく、監視カメラでの捜索、インターネット・SNSでの捜索、各種情報の照会調査などを駆使して対象者を発見し、安否確認を行うことができます。

POINT「無資格の人探し業者・探偵にご注意を」

公安委員会に届出のない無資格の人探し業者にご注意ください。ホームページや契約時の書類に「探偵業届出番号」が記載されていない会社・団体は、無許可の調査を行なっている場合があります。

無許可の人探しや、契約書類が無い調査については、調査が履行されなかったり嘘の調査結果を教えられる等のトラブルが報告されているため、ご注意ください。

連絡の取れない人を探すために必要な情報

連絡の取れない人を探すためには、まず把握している情報を整理して、ご相談の際にアドバイザーまでお伝えください。

以下では、その事前情報の一例をご紹介していますが、このほかにも思い当たること・気になることがあれば、些細なことでもお寄せください。

  • 氏名(フルネーム・漢字)
  • 元住所、同居人、家族構成
  • 出身地、実家など
  • 勤務先、職種
  • 所有している車(ナンバー、車種、色、型式など)
  • 趣味、サークル、習い事など
  • 友人、知人、交友関係
  • 行きつけの店、通っていた店舗
  • 連絡が取れなくなってからどの位の期間が経ったか
  • 連絡が取れなくなる前の様子
  • 最後に取った連絡の内容……etc

連絡が取れない人と連絡を取る・安否確認 – 事例紹介

急いで捜索・安否確認が必要な事例

遺書や書き置きがある

連絡が取れないと気付いた際に、遺書や書き置きが残されていた場合は、関係各所にご連絡の上ですぐに捜索を開始することをおすすめします。

これに限らず、生命に危険が及ぶような兆候があった場合は、安否確認だけでなく確保も視野に入れた素早い行動が求められます。

持病・精神的な疾患がある

元々持病や精神疾患を抱えた方と連絡が取れない場合も、出来るだけ早い確認を行う必要があります。

場合によって、通常の安否確認(家族や知人、警察など)には応じていただけないケースでは、尾行や張り込みなどを駆使して生活実態調査が必要となるケースもあります。

計画的な失踪・逃亡

連絡が取れない人が、以前から失踪や逃亡を計画していた場合は、時間が経ってしまうと手がかりや痕跡が消されてしまう場合があるため、すぐに捜索を開始する必要があります。

所在特定後は、再び逃亡されてしまう可能性もあるため、直接の安否確認は控えた方が良い場合があります。そうしたケースでは、素行調査などで定期的に安否確認を行うことも可能です。

債務者・詐欺等の加害者

お金を貸した相手と連絡が取れない状況となった場合は、他の債務者に回収されてしまったり、回収不能の事態に陥ってしまうこともあるため、出来るだけ早い発見が求められます。

また前述の、自発的な逃亡のケースと近しく、時間が経つと手がかりが掴みにくくなってしまいますので、連絡が取れないと気付いた際はすぐに専門家までご相談ください。

拉致・連れ去り・誘拐・監禁など

子供や交際相手などと連絡が取れない時に、このような犯罪性が見受けられる場合は、一刻も早い捜索と安否確認が求められます。

近年、特に相談が多いケースとしては「連れ去り別居」や「実子誘拐」などの、家庭内で発生する子供の連れ去り被害です。こうした事例についても、DVやネグレクト、虐待などの可能性が高いため、出来るだけ早い所在の特定と安否確認が必要とされます。

連絡が取れない・安否確認が必要 よくある事例

「家族と連絡が取れない・安否確認がしたい」

家族関係の方と連絡が取れなくなり、安否確認がしたいが直接できない事情があるといったご相談は、全国から非常に多く寄せられています。

遠方に住んでる親御さんやお子さんのご心配について、プロの探偵があなたの目や耳の代わりとなり、安否確認を行うことが可能です。

対象者に気付かれないように確認することはもちろん、直接接触して会話をしたり、手紙などを渡すことも可能です。

疎遠となってしまった場合や、連絡が取れないように拒否されているといったご家族についても調査を行うことができますので、まずはアドバイザーにご事情をお伝えください。

「交際相手・恋人と連絡が取れない」

彼氏や彼女など交際相手と連絡が取れない、安否確認がしたいというご依頼については、さまざまなケースが考慮されます。

単純な心変わりや別れのパターンだけでなく、事件性を孕んだ音信不通の場合や、「国際ロマンス詐欺」など相手が交際相手ではなく詐欺師であった事例などさまざまです。

そのため、所在や現住所を特定後、安否確認も含めた素行調査などが必要となる場合があります。

また、交際相手や恋人に関する捜索調査については、探偵業法に則り、ご本人との関係性を証明できるものや親族のご協力が必要となる場合があるため予めご了承ください。

「昔の知人・友人・恩人と連絡が取れない」

「謝恩会や同窓会に恩師を呼びたいが連絡が取れない」など、昔の知人やご友人などと連絡を取るためや安否確認でのご依頼も、多くご相談をいただくケースの一つです。

こうした調査は、聞き込み調査や情報照会調査を中心として捜索を行いますが、連絡が取れなくなってからどのくらいの期間が経過しているかも重要な手がかりとなります。

どれだけ手がかりや痕跡が少なくても調査を行うこと自体は可能なので、連絡が取れないと諦めていた方についてもまずはご相談ください。

「職場の同僚・部下・社員と連絡が取れない」

職場関係の方と連絡が取れない場合のご相談も多く頂きます。特に近年「退職代行」などを利用されることで生じたトラブルなどにより、連絡が取れなくて困っているという法人様からのご相談が増加しています。

また「過去に勤めていた職場の人と連絡が取りたい」といったケースや、「連絡が取れない社員の安否確認を代行してほしい」といったご依頼も受け付けています。

連絡が取れない人と連絡を取る・安否確認 – 方法について

① 連絡が取れない人について調べる

まず「連絡が取れない理由がわからない」場合は調査を行い、どうして連絡が取れないのか、どうしたら連絡が取れるのかなどを把握する必要があります。

すでに、そうした理由や事情を把握されている方は調査の必要はありません。

連絡が取れない人とのご関係性や、連絡の内容によって最適な連絡手段・連絡のタイミングは異なります。そのため、まずは状況を知るための調査をおすすめしています。

また、安否確認を行うの場合は、調査の過程で同時に安否が判明する場合があります。その際は、写真や映像などで安否が分かる資料を作成し、調査報告書としてお渡ししています。

■POINT「事前情報が少ない調査も可能」

よすが総合調査では、数十年間も連絡が取れていない人を探す場合など、極めて少ない手がかりでの捜索も承っております。専門的な調査の実施となるため、通常より調査期間がかかりますが、発見できれば連絡を取ることも可能です。

② 連絡を取るための手段を決定する

連絡が取れない人の状況や現在の所在地などが判明したら、次に連絡を取るための手段を決定します。その連絡手段については、連絡の内容やご関係性によって異なりますので、最適な方法を知りたい方はアドバイザーまでお問い合わせください。

また調査によって、電話番号やラインアカウントなどを入手することも可能ですが、相手から一方的にブロックをされてしまったり、設定により着信拒否状態となっている場合もあるため、おすすめはしておりません。

ご要望により、そのような情報調査を行うこともありますが、確実に連絡が取りたい・安否確認をしたいとお考えの方は、実際の様子を確認できるような現実的なアプローチが必要となります。

③ 連絡を取るためのアプローチを行う

上記で決めた方法を元に、直接連絡を取ったり、連絡を取るためのアプローチが行われます。

ご事情によっては、相手と直接連絡が取りづらかったり、拒否をされてしまう場合があるため、調査員が代行をしたり協力者を用いるケースがあります。

また、連絡をしたものの相手からの反応がない場合なども考えられるため、違う手段を再検討する必要がある場合もあるため、連絡の内容に合わせた最適な方法が求められます。

安否確認の方法について

直接連絡をする

連絡の取れない人とのご関係性にもよりますが、もし可能な相手であれば、第三者を介さずに直接の連絡をおすすめしています。

相手がこちらのことを覚えていない場合や、直接の連絡を避けたい場合は、第三者を介すなど他の手段を利用した方がいいでしょう。

第三者による安否確認の代行

連絡が取れない人の所在や現住所、勤め先などが判明している場合は、第三者に依頼をして確認を代行してもらうことも可能です。

よすが総合調査では、プロの探偵による尾行・張り込みなどの技術を駆使し、対象者に気づかれることなく安否確認を行うことが可能です。

連絡を求める旨の手紙・書き置きを渡す

連絡が取れない人に対して、手紙を送付したり、第三者に依頼して直接書類を渡すことも可能です。またトラブル解決のための連絡については、内容証明郵便などが利用されます。

注意:違法行為な調査は行いません

よすが総合調査では、探偵業法並びに公安委員会の指導に基づき、違法行為や差別、ストーカー行為に繋がる恐れのある調査、反社会団体に関係する方からの調査依頼はお断りする場合がございます。

また、私たちが行う調査に関しても、違法な調査手段は一切利用しておりません。

連絡が取れない人と連絡を取る方法・安否確認の手段に関する相談窓口イメージ

まとめ

連絡が取れない人の安否確認はお早めに

今回は、連絡が取れない人と連絡を取るための手段や、安否確認の方法についてご紹介いたしました。

このような人探し・捜索などの調査については、情報が古くなるほど調査が難しくなり、判明までの期間も長くなってしまう傾向にありますので、お早めの対処をおすすめいたします。

また、よすが総合調査では専門の調査アドバイザーが、さまざまな事情を汲んで、最適な解決方法をご案内致しております。

もし、連絡が取れなくなった方とのご関係性について、特殊なご事情がある場合については、必ず私たちにご相談ください。1日も早い安否確認のために、全力でサポートすることをお約束いたします。

連絡の取れない人と連絡を取る・安否確認に関する無料相談窓口

よすが総合調査では、連絡の取れない人の捜索、人探し、安否確認について、多数の解決実績を持つ専門のアドバイザーがご相談を受け付けています。

相談窓口はどなたでもご利用可能で、24時間・365日ご相談が可能です。
相談方法はフリーダイヤル、メール、ご面談(完全予約制・全国対応)が全て無料でご利用いただけます。

相談は全国どこからでも、匿名でも可能です。
秘密厳守をお約束しておりますので、はじめての方でも安心してご利用ください。

連絡が取れない人と連絡を取る方法・安否確認の手段に関する相談ダイヤル

    あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
    ※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

    任意個人様/法人様
    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須住所(都道府県)
    任意電話番号
    任意性別
    必須相談内容【複数の選択可】
    必須調査したい相手との関係性
    必須調べたい事柄

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。



    【自動返信メールが届かない時は】

    当サイトのフォームからお送りいただくと、すぐに自動返信メールが届きます
    自動返信メールが届かない場合は、下記のような理由が考えられます


    ■メールが届かない理由の一例
    ・メールアドレスの入力間違い
    ・自動返信メールが迷惑フォルダ等に移動している
    ・携帯キャリアのメールアドレスをお使いで、PCメールの受信拒否をしている
    ・受信フォルダ・メールボックス等が容量オーバーになっている等
    ※当サイトではメールが届かない方の特定ができないため、直接ご連絡差し上げることができません。

    ■対処法
    ①相談窓口よりフリーダイヤルからご相談ください
    ②お使いのメールアドレスより直接「soudan●yosuga-gr.jp(●を@に変更)」までお送りください。