よすが総合調査では、悪質なネットワークビジネス・MLM等に入会してしまった、お金を取られてしまった等のトラブルに対処するため、専門家が抜け出すための様々なサポートや調査を実施しています。

特に危険なネットワークビジネスについては、多額のお金を奪われてしまうだけでなく、気付かぬ内に違法な勧誘行為に加担してしまったり、様々なリスクを孕んでいます。

もしご自身やご家族、周りの方が悪質なネットワークビジネス団体に加入していたり、違法性のある商材を扱っている場合は、必ず専門家を有する調査会社へご相談ください。

ネットワークビジネス-抜け出す-MLM-無料相談窓口
悪質なネットワークビジネス、MLM、ネズミ講から抜け出すには – 専門家へご相談を

悪質なネットワークビジネス・MLMから抜け出すには

悪質なネットワークビジネス・MLMを抜け出すための知識

ネットワークビジネス・MLM=違法ではありません

現在、様々な形態の商材を扱ったネットワークビジネスやMLMが存在しています。近年はとくにSNSを用いた方法や、Youtubeを使った収益など、テクノロジーを活用してビジネスを広げるための知識が、このようなネットワークビジネスにも多く用いられています。

そもそもネットワークビジネスやMLMは「連鎖販売取引」と呼ばれており、法令で規定されている商法です。クーリングオフについての説明や契約書の要項、また勧誘や販売についての定めが制定されており、このルールに則った中でのネットワークビジネスやMLMは認められています。

あなたのケースは大丈夫ですか?

しかし、中には絶対に儲からないような仕組みとなっていたり、突然連絡が取れなくなり儲けが得られなくなるなどの詐欺まがいの団体が多く存在することも事実です。そのため、専門の興信所や調査会社によって、企業信用や過去の実績・トラブルの有無を調査することで、事前にリスクを回避することができます。

よすが総合調査では、調査によって危険性が判明した場合、対象者が無事に抜け出せるためのサポートや説得業務を行っています。

ネットワークビジネスは辞められないって本当?

法令では契約時に書面による締結、契約解除に関する内容の説明義務も定められているため、法令を遵守している連鎖販売取引であれば、返金や契約解除により抜け出すことができるはずです。

しかし、そもそも契約書類がなく口約束だけでお金を払ってしまった場合や、辞めるにあたり恐喝・脅迫を受けてしまうような悪質なケースも存在しています。

こうした場合は必ず専門家に相談を行い、証拠を取得した上で、しっかりと返金や契約解除が行えるような対処が求められます。一人で抜け出すことができない場合は、必ず専門的な対処が行える機関へご相談ください。

簡単に抜け出せない ネットワークビジネス・MLMが使う手口

特に危険なネットワークビジネスやMLM、ネズミ講などの団体は、洗脳やマインドコントロール的手法を悪用することで、簡単に抜け出せないよう対策をしています。

そして、このような手口を用いられてしまうことにより、被害者本人が「今、騙されている」気付くことが難しいため、返金や脱会などの対処が手遅れとなってしまう事例が相次いでいます。

こうしたトラブルを防ぐため、被害者のご家族やご友人などの周りの方が、洗脳やマインドコントロールに対して正しい知識を持って行動することが求められます。よすが総合調査では、このような洗脳被害に関して数多くのご相談をいただいておりますので、その中から加害者が行う洗脳の手口についてご紹介します。

ケース1.「現状の生活に満足していない人を狙う」

悪質なネットワークビジネスにおける洗脳では、被害者の持つ欲望や憧れの感情を巧みに操ることで、意のままにコントロールしてしまう点が見受けられます。

例えば、洗脳を行う人物は必ず「今、悩んでることってある?」「何か将来の目標や夢ってあるの?」といった質問から、対象者の欲望や願望を探り出します。そこで「もっとお金を稼ぎたい」「今より良い家に住みたい・良い車に乗りたい」「家族に贅沢をさせたい」などの誰しもが持つ当たり前の回答を引き出し、そこへ導く方法として自身のビジネスを提示します。

特に今の境遇に満足していない、周囲と比較してコンプレックスを感じている人物は、このような洗脳の方法が抜群に効果を発揮してしまうため、なかなか抜け出すには苦労してしまう場合があります。

ケース2. 「生活や仕事の環境を強制的に変えさせる」

洗脳やマインドコントロールの過程において、家族や友人は障害となります。客観的な意見で洗脳側の発言を否定されてしまったり、実際にビジネスが儲からないことを指摘されてしまうと、洗脳が解けてしまう可能性があるためです。

そのため、洗脳の過程として、対象者を無理やり一人暮らしさせる、彼氏/彼女と別れさせる、仕事を転職させる、家族との仲を険悪にするよう仕向ける等の行為が見受けられます。

特に危険なネットワークビジネスの事例では「独立のためには周りに甘えちゃいけない、一人で生活しなければ成功者になれない」などの文言が多く使われます。加えて、上京したての若者や、引っ越ししたての単身者、家族と仲が悪く疎遠な人物など、最初から周りに家族や知人が居ない人はターゲットにされやすい傾向もあります。

ケース3. 「強制的にさせられる行動がある」

集会の参加が義務付けられていたり、LINEグループでの挨拶や報告、ビジネス書や自己啓発本などの読了条件など、必ず何か1つは強制されている行動が見受けられます。

これについては、行なわれる内容に問題があるのではなく、「常に強制的な行動により団体(ビジネス)のことを考えさせられる時間がある」点が問題となります。

マインドコントロールや洗脳は、日々の刷り込みにより成り立ちます。人間は必然的に考えることの比重が大きくなると、そちらに傾く性質があるため、簡単に抜け出すことができなくなってしまいます。

ケース4. 「弱みを握られてしまう」

危険なネットワークビジネスの団体は、最初は優しく親切な人たちという印象を持たれがちです。一方的に食事をご馳走してくれたり、お金を貸してくれたり、住む場所を用意してくれたりする場合があります。

しかし、こうした恩を売る行動は、全て後々に掌を返されないための保険です。ダウン(自分が紹介した人物)が抜け出したいと言いにくいように、「あの時いくらお前に払っただろ!」と言うための事前投資でもあります。

特に賃貸の仲介をしてもらったり、コンサル料などでお金を借りてしまうことで結果的に「弱みを握られる」ことになってしまい、抜け出したくても抜け出せない状況となってしまいます。

その他にも危険なネットワークビジネスの様々な手口が

上記以外にも、人からお金を取るための様々なテクニックがあり、こうした手口自体を「商材」として売りつけている悪質なネットワークビジネスも存在します。

前述の通り、商法自体が違法ではないケースはもちろんありますが、契約手段や支払った金額、「弱みを握る」などで抜け出しにくくする方法などは、一転して犯罪に利用されかねません。また、商法の仕組みからして、ピラミッドの下層になるにつれて儲けられない仕組みになっています。今被害に遭われている方は、「自分の場合はどうか」「自分のアップは大丈夫か」など冷静な判断をするようにしましょう。

悪質なネットワークビジネスから抜け出すための専門家サポート

専門的な調査によって抜け出すための証拠を取得

危険なネットワークビジネスに関して、違法な勧誘の証拠を取得したり、対象法人における過去のトラブル事例を調査することが可能です。また、企業全般でなく対象者に対して行われた内容に関しても、証拠取得の調査を行うことができます。

このような証拠を提示し、法的対処を行うのか、対象者への説得をカウンセラーが行うのか等、後々の対処が決定する重要な調査となります。

調査に際して、対象となる法人や団体に関する事前情報が必要となります。以下は一例となりますので、その他にも把握している情報があれば、些細なことでもご相談ください。

■調査に必要な事前情報の例
・法人名/屋号、住所
・扱っている商材
・これまでの被害総額
・被害者が勧誘された人の名前、電話番号など
・代表の名前
・勧誘の手法(例:SNSのDM、定期セミナー等)……etc

最も効果的に抜け出すには「自分の意思でやめさせる」

マインドコントロールや洗脳などの被害者は、再び同じようなトラブルに遭ってしまう可能性が高く見受けられます。実際に、危険なネットワークビジネスやネズミ講の業者は、過去の被害者リストを売買している事件も存在しました。

そのため、最も効果的に団体を抜け出すには、このまま続けても得がないことを証明し、被害者自ら「やめざるを得ない」状況を作り上げることが大切です。そうして自分の意思で危険なネットワークビジネスを抜け出すことが最善の形と考えます。

ネットワークビジネスだからと頭ごなしに否定するのではなく、そのビジネスにおけるリスクや違法性を見抜き、「損をする確率が高い」「周りを不幸にする可能性がある」場合であれば、その認識を対象者自身に根付かせることが重要です。

まとめ

危険なネットワークビジネスを抜け出すには専門家へ相談を

このようなネットワークビジネスに関するトラブルは、一般の方だけで対処をして抜け出すには非常に困難な問題です。その理由として、それぞれ違った手口や商材で被害を受けているため、一般的な対策が当てはまらない場合があるためです。

抜け出すには必ず、お一人お一人にあった解決プランを構築し、 高い調査力を持って失敗ないよう最後までプログラムを遂行する必要があります。そのため、ご依頼やご相談をお考えの方は、必ず危険なネットワークビジネス問題の解決実績がある調査会社・興信所をご利用ください。

よすが総合調査では、信頼の調査技術だけでなく、心理カウンセラーがトラブル解決後も行うアフターサポートやカウンセリング業務、再発防止のための対策も行っています。どんなことでも専門家までご相談ください。

悪質なネットワークビジネスに関する洗脳被害 無料相談窓口

現在、ご自身が被害に遭われている方だけでなく、ご家族やご友人などの周りの方が、危険なネットワークビジネスを行なっている方もご相談が可能です。

24時間・365日ご相談を受け付けています。相談方法はフリーダイヤル、メール、ご面談(完全予約制・全国対応)が全て無料でご利用いただけます。

初めての方でもご相談しやすいよう、匿名でのご連絡も歓迎しております。もちろん、秘密厳守をお約束しておりますので、どなたでも安心してご利用ください。

ネットワークビジネス-洗脳-マインドコントロール-抜け出すには-無料相談窓口
洗脳やマインドコントロール被害の無料相談窓口はこちら

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。