よすが総合調査では、ご家族やご友人が悪質なネットワークビジネス等にはまってしまった方へ向けて、洗脳を解くための説得材料となる、専門的な信用調査・素行調査を実施しています。

危険なビジネスは多額のお金を奪われてしまうだけでなく、気付かぬ内に違法な勧誘行為に加担してしまうリスクがあります。もし周りの方が悪質な団体に加入していたり、危険なビジネスを行っている場合は、必ず専門家を有する調査会社へご相談ください。

悪質なネットワークビジネス | 洗脳の解き方と対処法

危険ネットワークビジネスが悪用する洗脳の手口

ネットワークビジネス-ネズミ講-MLM-無料相談窓口
悪質なネットワークビジネス、MLM、ネズミ講などの洗脳被害は – 専門家へご相談を

悪質なネットワークビジネスやMLM、ネズミ講がマインドコントロール(洗脳)の手法を悪用する被害が確認されています。このようなトラブルは、被害者本人が「騙されている」と自ら気付きにくいため、気付いた周りの方が救済のために対策を講じる必要があります。

そのためには、まず周りの方が洗脳やマインドコントロールに対して正しい知識を持って行動しなければいけません。よすが総合調査では、このような洗脳被害に関して数多くのご相談をいただいておりますので、その中から加害者が行う洗脳の手口における共通点についてご紹介します。

手口① 憧れや嫉妬心を巧みに利用する

悪質なネットワークビジネスにおける洗脳で最も見受けられるのが、被害者の持つ嫉妬心や憧れの感情を巧みに操り、徐々に洗脳を施す方法です。

例えば、洗脳を行う人物は必ず「今、悩んでることってある?」「何か将来の目標や夢ってあるの?」といった質問から、対象者の欲望や願望を探り出します。そこで「もっとお金を稼ぎたい」「今より良い家に住みたい・良い車に乗りたい」「家族に贅沢をさせたい」などの回答を引き出し、そこへ導く方法として自身のビジネスを提示します。

特に今の境遇に満足していない、周囲と比較してコンプレックスを感じている人物は、このような洗脳の方法が抜群に効果を発揮してしまう傾向にあります。逆に悪質なビジネスを持ちかける詐欺師は、こうした人物を見つけて擦り寄り、お金を騙し取ったり利用するのです。

手口② 家族や友人の関係を断ち切る

悪質なネットワークビジネスが行う洗脳の過程において、対象者の家族や友人は障害となります。冷静で客観的に判断できる他人によって、本人への助言などから洗脳が妨げられてしまう可能性があるからです。

そのため、洗脳を施す人物は先んじて人間関係を分断させます。よくある手口としては「独立するため」等と称し、無理やり一人暮らしさせたり、仲違いさせるような悪評を吹き込んだりします。逆に言えば、上京したての若者や、引っ越ししたての単身者、家族と仲が悪く疎遠な人物など、最初から周りに家族や知人が居ない人はターゲットにされやすい傾向があります。

手口③ 「正しいことをしている」と思い込ませる

「絶対に安全」「法に則ったビジネス」「許可を得ている」こうした文言は、危険なネットワークビジネスでもよく使われており、被害者はそれを信用して自身も加担してしまっているケースがほとんどです。しかし、ビジネスや商材自体に問題がなくても、末端(ダウン)が行っている勧誘や販売の方法については違法と指摘されるケースも多く見受けられます。

よすが総合調査では、専門家の元に信用調査を行った上で、対象者の勧誘行動やビジネスに全く問題がなければ、無理にビジネスを辞めさせることはしていません。しかし、少しでも法に抵触しているビジネスであれば、しっかりとそのリスクを当人が認識する必要があると考えています。

手口④ 必ず最初は儲かるシステム

危険なネットワークビジネスが洗脳させるための一環として、最初のうちは必ず儲かるようなシステム、もしくはそのような演出がなされる場合があります。これに関しては、実際に個人の力で売り上げが得られている場合もありますが、悪質なケースでは中長期に計算した時に確実にマイナスとなるような仕組みになっている場合があります。

このような手口は、複雑な計算式でインセンティブが定められているモデルや、一定額での売り上げに対して報酬が定まっていない場合に多々見受けられます。契約書をよく確認しなければ気付くことが難しい場合が多いため注意が必要です。

危険なネットワークビジネスの洗脳を受けている兆候とは?

こうした危険なビジネスの洗脳を受けている場合に見受けられる特徴があります。その中でも、よくある相談事例について、以下のリストにまとめました。もし身近な方にこのような兆候が見受けられた場合は要注意です。

■「実際にあった相談の事例
・急に「独立してビジネスを始める」と言い始めた
・最近セミナーや勉強会に通っている話を聞いた
・メンターや先輩の話をよくするようになった
・急に羽振りが良くなり金遣いが荒くなった
・これまでにない頻度で電話をかけている
・SNSに「夢や目標」「自撮り」等を頻繁に投稿している……etc

悪質なネットワークビジネスの洗脳の解き方について

「それでもまだ続けますか?」

このようなマインドコントロール的手法が見受けられる勧誘ビジネスにおいては、あくまでも「本人の意思」を尊重する解決が望ましいと考えられます。ネットワークビジネスに関しても、全てが悪質で詐欺的な商材というわけではありません。中には、法令を遵守して社会に役立つ内容のものも存在しています。

そのため、ネットワークビジネスだからと頭ごなしに否定するのではなく、そのビジネスにおけるリスクや違法性を見抜き、「損をする確率が高い」「周りを不幸にする可能性がある」場合であれば、その認識を対象者自身に根付かせる必要があります。

“中の人”から良い面だけを聞くのではなく、第三者から客観的な評価を受け入れられる冷静さがあれば、洗脳が解けて悪質なビジネスから手を引くことができます。そのために、心理カウンセラー在籍のよすが総合調査では、企業信用調査を用いた証拠収集や、調査結果を生かした効果的な説得を行っています。

洗脳を解くために必要な情報と証拠

前述の通り、あくまでも違法性を孕んでいる悪質なビジネスに関して、違法な勧誘の証拠を取得したり、対象法人における過去のトラブル事例を調査することが可能です。これにより、洗脳を解くための有効な説得材料を収集することができます。

調査に際して、対象となる法人や団体に関する事前情報が必要となります。以下は一例となりますので、その他にも把握している情報があれば、些細なことでもご相談ください。

■調査に必要な事前情報とは?
・対象となる法人名/団体名
・活動している地域
・勧誘を行っている人の名前、電話番号など
・代表などの名前
・勧誘の手法(例:SNSのDM、定期セミナー等)……etc

まとめ

異変に気付いたら…必ず周りの人がご相談を

ご家族やご友人に、洗脳やマインドコントロールを用いた悪質なネットワークビジネスの影響が見受けられる場合は、すぐに専門家へご相談ください。時間が経過してしまい、厚い信頼関係が築かれてしまうと、洗脳状態から抜け出すことは難しくなってしまいます。

洗脳状態を解く方法は、施された手口や相手の団体によって全て異なります。あなたのケースに最善の解決方法については、必ず専門家へご相談ください。

悪質なネットワークビジネスに関する洗脳被害 無料相談窓口

よすが総合調査では、1日も早い洗脳被害の解決を目指して24時間・365日ご相談を受け付けています。相談方法はフリーダイヤル、メール、ご面談(完全予約制・全国対応)が全て無料でご利用いただけます。

初めての方でもご相談しやすいよう、匿名でのご連絡も歓迎しております。もちろん、秘密厳守をお約束しておりますので、どなたでも安心してご利用ください。

ネットワークビジネス-洗脳-解き方-無料相談窓口
洗脳やマインドコントロール被害の無料相談窓口はこちら

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。