当ページでは、失踪者の捜索について可能である、様々な捜索方法をご紹介しています。探偵や興信所によって、行うことができる探し方が得意分野が異なります。そのため、行方不明者を探す際はトラブルの内容にあった事務所を選ぶことで発見率を上げることができます。

失踪者の探し方・捜索方法のご紹介

正しい捜索方法を取るために

失踪者や行方不明者と一括りにされがちですが、原因やトラブルによって探し方やポイントが異なります。例えば、単独での失踪と、協力者がいるような失踪は同じ方法で探しても見つかりません。そのため、ケースに合った探し方や手段を用いることで、費用を安く抑えて、かつ発見率を高めることができます。

もし、見当違いの捜索方法を取ってしまうと、もちろん発見には至ることが出来ませんし、高額な費用が発生する事が考えられます。そのため、人探しの捜索依頼については、必ず複数の興信所や探偵事務所に相談して決定してください。

失踪者がどこへ行ったか知りたい場合は

失踪者の足取りを追いたい場合や、どこへ行ったか予測したいといったケースでは、手掛かりを集める調査が別に必要となる場合があります。市街地や繁華街と言った人が集まる場所では、そうした痕跡を追いやすく、失踪から日が浅いケースであれば証拠が十分に残っています。

失踪者の大まかな行き先や、よく発見される場所については、以下のリンクにて詳しくご説明していますので併せてお読みください。

一般的な行方不明者・失踪者の探し方とは

ここでは、手段として可能な行方不明者・失踪者の発見につながる捜索方法をご紹介します。1日も早い発見のために、様々な手段を同時進行で行う必要がありますが、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

間違った手段を取ってしまった場合は、更に対象者の発見が困難となってしまうこともあるため、よく注意してご対応ください。

●警察署へ捜索願いの提出

所轄の警察署への届け出を行いましょう。人探しの捜索において、警察でしか行えない手段が存在するため、場合によってはすぐに手がかりなどが掴めることがあります。

デメリットとして、警察署の意向によって捜索すらしてもらえない場合があります。ただの家出であったり、緊急性がないと判断されると捜索が後回しにされます。そうなってから探偵や興信所へ依頼をしても、すでに手がかりが失われていて、発見に至らないといったケースもありました。

そのため、タイミングや届け出の方法についてはしっかり考慮された上で、捜索願を提出する必要が求められます。

●自分で聞き込みや張り込みを行う

通常は専門業者が行うような、聞き込みや張り込み調査を行うことができます。メリットとしては、費用がかからないことと、すぐに実行出来るといった点が挙げられます。

デメリットとして、「探している」ことが失踪者自身に伝わってしまうと、更に痕跡を隠して逃げられてしまうことに繋がります。協力者がいる場合では、その協力者自身に直接聞き込みをしてしまい、結果逃されてしまうという結果も考えられます。

また何かトラブルに巻き込まれての行方不明といったケースでは、個人の皆様が調査を行う事は非常に危険なため、最大限ご注意ください。

●張り紙やビラ、SNSでの呼びかけ

よく失踪者や行方不明者に関してビラを巻いたり、SNSでの呼びかけが展開されています。しかしこのような公に情報を募る方法は、最終手段として取っておきましょう。

自ら開示することにより、情報を悪用されたり、悪質な業者からの営業を受ける事例が確認されています。また前述の通り失踪者自身に伝わってしまう危険性もあります。

いくら手を尽くしても見つからない、手がかりが一つも見つからないといった場合になったら、公募をかけるような方法も検討されます。そのため、最初からこうした方法に頼るのは避けた方が無難です。

プロ行う失踪者発見のための捜索方法

ここでは、公安局の認可を受けたプロの探偵や興信所が行える、専門的な調査方法についてご紹介しています。こうした手段については、認可された業者と訓練を受けた調査員しか行えないため、注意が必要です。

ご自分で行える調査方法に関しては、上記の記事でもご紹介していますが、今後調査ニュースとして更新予定です。早急な個別の案件に関するご相談は、相談窓口よりお問い合わせください。

失踪者-捜索方法-どこへいったか探す-無料相談窓口

●張り込み調査

これまで滞在が確認された場所や、直近に姿が確認された地点で張り込みを行い、対象者が現れるのを待ちます。

自ら失踪や行方不明となった人物は、深夜や早朝など、人目につきにくい時間に活動をする事があります。逆に、人が多いエリアに逃げ込んだ失踪者は、最も人が多い時間に活動をする傾向にあります。このように、案件や性質毎に目測を立て、一番発見率が高いと考えられるタイミングで調査を行います。

もちろん、対象者を発見した場合は、そのまま尾行調査へ切り替えたり、すみやかに依頼者の皆様へ情報を共有します。つまり張り込み調査は、その後の動きに繋げるために必須となる調査です。

●聞き込み調査

失踪者の務めていた会社や、通っていた学校、近所の住民などにお話を伺い、様々な証言を集める聞き込み調査も有効です。手がかりが極めて少ない場合や、失踪の原因について定かでない場合に多く用いられます。

聞き込み調査に関しては、失踪日より時間が経ってしまうと手がかりが集まりにくくなってしまう傾向にあります。そのため、まだ関係者の記憶が新しいうちに、出来るだけ広範囲へ聞き込みを行う必要があります。

●SNSや携帯に関する照会調査

近年、SNS(Twitter、Instagram、Facebookなど)が関係する失踪トラブルが相次いでいます。そのため、こうした媒体が失踪に利用されている形跡がある場合は、照会調査によって事実を明らかにする事が可能です。

照会調査とは、よすが総合調査独自のデータベースにより、電話番号やメールアドレス、各種SNSアカウントに関連する情報を調査する事ができます。

あえて失踪時にスマホを破壊していった、SIMカードが抜かれている、アカウントが消されてしまった等のケースにも対応できる事がありますので、手がかりをお探しの方は一度ご相談ください。

●その他にも可能な捜索方法があります

例えば、失踪や行方不明に関して加害者がいるような場合は、潜入調査などを用いて原因を把握する必要があります。また失踪時に協力者がいる場合は、特殊な照会調査を利用しなければ情報を知ることはできません。

このように、失踪者の発見に対して最短距離の調査を行う事で、完全に行方不明となってしまうことや更なるトラブルに発展することを防げます。そのための最適な方法については、専門アドバイザーまでお尋ねください。

まとめ

一日も早い発見のために出来ること

「失踪者を探す」という事は、「様々な手段から取捨選択をし、最も発見にかかる効率のいい捜索方法を取る」という事です。間違った方法をとってしまうと、いくらお金と人をかけても見つからない事もあります。

よすが総合調査では、失踪者や行方不明者を即座に発見するために、これまで様々な手段を利用してきました。幅広い選択肢から、あなたに今最適な手段を見つけるために専門家がサポートいたします。

失踪者の捜索方法・探し方の無料相談窓口

相談窓口は24時間・365日受け付け中です。
相談方法は、フリーダイヤル、メール、ご面談(完全予約制・全国対応)が全て無料でご利用いただけます。

失踪者の捜索にあたっては、当人の情報や失踪までの経緯などを併せてご相談ください。もちろん匿名でのご相談も可能です。
詳しくは下記のバナーよりお問い合わせください。

どこへ行ったからからない-失踪者-捜索方法-無料相談窓口

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。