盗聴器の性能は年々向上し、小型化・低廉化が進んでいます。カモフラージュの仕方も多様となり、設置場所の制約もゆるくなっています。

そこそこの性能の盗聴器でも容易に手に入れることが可能な時代です。常に盗聴の危険にさらされている、というのは決して考えすぎではありません。

このページでは、盗聴の手法や盗聴器の種類についての解説を行っております。現在被害にあっているかの確認、予防と対策にお役立てください。

盗聴器の種類

盗聴器には様々な方式や種類あります。例えば電源供給においては

  • 電池式(バッテリー式)
  • 電源式(コンセント式)

があります。

電池式(バッテリー式)

比較的取り付けが容易なため、完全な使い捨てや、定期的な交換や回収が可能な状況の場合によく使われます。

ペンやライターなど様々な小物に偽装されている可能性があるため、意識していなければまず見つけることは出来ないでしょう。

電源式(コンセント式)

一度取り付けてしまえば半永久的に稼働し続けるため、取り付けにはある程度の制約がありますが、家庭内はもちろん、会社やラブホテルなど、不特定多数の出入りがある場所に存在することも多く、注意が必要です。

他にも、盗聴器の方式は

  • 有線方式
  • 無線方式

の2種類に大別することが出来ます。

有線方式

  • ボイスレコーダー
  • コンクリートマイク

などがこれにあたります。

ボイスレコーダー

スマホの録音アプリなどが代用されている事もあります。

回収の手間はありますが、取り扱いが容易かつ、持っていても不自然なものではないため、盗聴に利用されることも多いのです。

学校や会社などで設置されることが多く、設置している人物が知人であることが多いため、常に注意が必要です。

また車の中の盗聴の場合には、ほぼボイスレコーダーが使われています。

コンクリートマイク

あまり馴染みがないかもしれませんが、端的に言うと壁を挟んだ向こう側の音を聞くことができる機械です。

性能や環境によって雑音を拾いやすく、取り扱いに癖はありますが、逆に状況がハマってしまうと、まったく気づかない状態で盗聴され続けることになってしまいます。

対策の仕方も限られているため、非常に厄介な盗聴器と言えます。

無線方式

無線方式の盗聴器には大きく分けて

  • アナログ式
  • デジタル式

の2種類があります。

アナログ式

アナログ式盗聴器はアナログ波で発信を行う盗聴器です。

流通量も多く、盗聴器を発見するテレビ番組などでもよく取り扱われているタイプのものなので、イメージしやすいかと思います。

簡単に言うと小型のラジオ局のようなもので、性能にもよりますが、発信半径は数メートルから数百メートル前後です。

適切な機材を用いれば発信源を特定することは難しくはないですが、リモコン式、時限式など、発見を困難にする細工が施されているものもあるので、注意が必要です。

リモコン式・時限式

アナログ式盗聴器は音をアナログ波に変換して発信しています。

この発信されているアナログ波を探知することで特定を行うのですが、逆に言うとアナログ波が出ていなければ探知を行うことは困難です。

リモコン式はリモコンから遠隔で盗聴器の電源をオン・オフすることでアナログ波の発信を制限することが出来ます。

また、時限式は指定された時刻・時間にのみ稼働させる事ができるので、その時間帯以外での探知は困難になります。

デジタル式

デジタル式は携帯電話回線やネット回線などを用いて通信を行う盗聴器です。アナログ式盗聴器とは違い、電波からの探知を行うことが困難です。

スマートフォンにおける不正アプリも広義としてこの中に含まれます。

ただその場合盗聴どころか、カメラによる盗撮、位置情報、連絡先や写真データ、ID・パスワードなどのあなたに関する大半の情報が確認されてしまうことになるので非常に危険です。

不正アプリに関してはある程度自分でも調べることが出来ますが、そういった不正アプリも日々巧妙化しているため、不安な場合はよすが総合調査にご相談ください。

盗聴器を見つけるには

盗聴器を発見する機材も容易に購入することが出来ますが、安価なものでは一部のアナログ式の盗聴器しか発見することが出来ません。

当然、機材を用いても見つけられない類の盗聴器も存在します。

そういった場合に盗聴器を見つけるためには、盗聴器そのものの知識はもちろん、実際の被害の状況や、犯人像、環境などから設置場所や方法を類推して調査することが必要です。

これには豊富な経験とそれに裏打ちされたある種の勘が必要となります。

盗聴器を発見したら解決というわけではない

犯人を特定するためには、単純に盗聴器を見つけるだけでは解決しないケースのほうが多いです。

盗聴器を仕掛けた人間があなたに対しての悪意から行っている場合、より盗聴が巧妙化したり、別種の被害を受ける可能性があります。

犯人を特定しない限り、常にそういった危険にさらされることになります。

よすが総合調査の盗聴の調査

よすが総合調査では盗聴の調査はもちろん、対策の為の機材の手配や、自分でできる対処法などのアドバイス、犯人の特定に必要な調査などを行っています。

実際に盗聴の被害を受けている方、盗聴されているか不安を抱えている方は、よすが総合調査の相談窓口にご相談ください。

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。