現在お付き合いされている彼女さんや奥さんがストーカー被害に遭われている方へ向けて、ご自分で出来る対処法と解決のために必要な行動を、プロの調査員がご紹介しています。同様のトラブルで探偵や興信所へご依頼をお考えの方は当ページをご覧ください。
特にストーカー被害は間違った対処法を取ってしまうことで、更なる被害を生んでしまうこともあるため、慎重にご対応することをお願いしています。

彼女・妻がストーカー被害に遭っているようだ

周りの人が被害者を支えることが重要

彼女さんや奥さんなどがストーカー被害に遭われているというご相談は、非常に多く寄せられます。実際に、被害者本人は抑うつ状態にちかい精神状況となってしまう事が多いため、すぐに自分で解決への行動を取ることは難しいのが現状です。

そのため、被害者を支える周りの方が率先して行動されることによって、こうしたトラブルは解決へと至る事ができます。当ページでは、そうした周りの方だからこそできるサポートなどをご紹介しています。

彼氏や旦那として行えるサポートの鉄則

しかし、旦那さんや彼氏さんとはいえ、あくまでも被害者本人ではないため、直接的な解決へのアプローチが難しいことがあります。そのため、できるだけ奥さん・彼女さんと歩幅を合わせて、一緒に解決していくことが重要とされます。

実際にあったケースでは、彼女さんを守るために旦那さんが容疑者の元を訪れ、直接「お前がストーカーだろ」と詰め寄った結果、逆に警察に通報されてしまったり被害が過激化してしまうなど、更に悪い結果となってしまう場合がありました。

つまり、怒りや憤りから彼氏さんや旦那さんが先走って、被害者本人が望まない解決方法を行ってしまうのは絶対にやめましょう。必ずよく話し合いをして、同じ目線で解決していくことが望まれます。

危険を感じたらすぐに専門機関へ相談

ストーカー-彼女を守る-無料相談窓口

そうした対処の中で、少しでも「危ないな」「これ以上は自分では難しいな」と思った際は、出来るだけ早く専門家へご相談することをおすすめします。ストーカー被害は、徐々に攻撃が過熱していく犯罪です。まだ深刻化する前から対処を行うことで、根本的な解決へと至ることができます。

よすが総合調査では、ストーカー被害に関して被害者本人様だけでなく、周りの方やご家族からのご相談を受け付けています。詳しくは下記の無料相談窓口よりご相談ください。

彼女・妻を守るために行うべきストーカー対策

ストーカートラブル解決の流れを知る

ストーカー被害とはいえ、様々なタイプが存在します。実際につきまとったり姿を現すような被害だけでなく、近年はネット上での情報流出や監視行為、また専門業者を悪用したストーカー被害など、手段は多岐に渡ります。

そのため、被害全般に対する解決の流れを紹介しますと

① 被害の証拠を取得する(証拠保全)

② 犯人を特定する

③ 二度と被害が起きないような措置を取る

以上のようなプロセスが必要と考えられます。

①に関しては、周りの人が単独で行うことは難しいとされます。被害者本人と周りの人が協力して、解決に必要とされる有力な証拠を取得するようにしましょう。

②について、事前情報をもとに第三者(彼氏さんやご家族、専門業者)が行うことで、早い解決が可能となります。

③は犯人のタイプや被害内容によってことなるため、被害者本人と周りの方、そして専門家を含めた三者で協議をして決めるのが望ましいとされています。

彼女・妻をストーカーから守るために出来ること

1. 証拠や起きた出来事を記録する

まず、これまでに起きた被害やきっかけとなった出来事について、詳細に記録を行いましょう。日時や相手、会話内容なども、出来る限り思い出してもらい書き出します。

そして、これからストーカー被害が起きるようであれば、すぐにその内容を記録することが重要です。SNSやLINEでのメッセージなどは、スクリーンショット機能で画像として保存しておくことも有効です。

怪文書や不審物が届く場合は、指紋鑑定などを考慮して透明なジップ付きの袋へ入れて保管しておきましょう。汚物や生物の場合は、写真などで撮影し記録しておくことが可能です。

2. 代わりに電話などを応対をする

直接訪ねてくるケースや、電話・LINEなどで接触を試みてくる場合に有効です。奥さん・彼女さんの代わりに、電話やインターホンで男性が対応するようにしましょう。

この際、気をつけなければいけないポイントとして「絶対に感情的にならない」ことが挙げられます。あくまでも冷静に、用件を聞くことに努めてください。逆に相手に煽られ、脅迫的な文言を引き出すのが狙いの可能性もあります。そのため、こちらからはあまり発言をせず、用件があるのならば聞く程度にしましょう。
また、その際に併せて相手の声を録音することも重要です。

3. 車や付き添いでの送迎をする

加害者が実際につきまとっている場合などは、ちょっとした買い物や移動の際も男性の方が付き添うのが有効です。できれば、車を使用するのが望ましいでしょう。

もし付き添っている最中に不審者やストーカーと遭遇した場合は、かならずご自身だけで対応したりせず、110番して警察を呼ぶことが重要です。絶対にご自身で相手を尾行したり、問い詰めに行ったりはしないでください。

4. 警察署の「生活安全課」へ相談しにいく

最寄の警察署の生活安全課へ、奥さんや彼女さんと一緒に相談へいきましょう。可能であれば、それまで記録した証拠を書類として持参することで、わかりやすく説明することが可能です。

ここでの重要な目的は「警察へ相談履歴を残すこと」です。あくまでも解決してくれるためのお願いに行くわけではないため、相談が出来れば問題ありません。
警察署は平日の17時までしか相談を受け付けていない場合が多く、また事前に予約が必要なため、まずは管轄の署についてお問い合わせいただく必要があります。

5. SNSについて把握しておく

奥さんや彼女さんがSNSなどを通してストーカー被害に遭っている場合は、一度SNSの内容を確認して、周りの人が把握しておくことが重要です。ネットでのストーカーについては、相手がわからない場合などもあるため、以下のページの内容で詳しく紹介をしています。

6. 犯人についての情報を集める

被害者本人でさえも、ストーカー犯が誰かわからない場合があります。そのようなケースでは、犯人特定の必要があるため、被害者の証言をもとに周りの方や専門家が犯人の特定調査を行う必要があります。

犯人の特定や、知らない相手からの被害対策については危険とリスクが伴うため、慎重に行うことをおすすめします。以下のページで詳しいご説明をしていますので、併せてご確認ください。

まとめ

大切な人をストーカーから守るために

ストーカー被害は、自分より弱い立場の相手を狙う悪質な犯罪です。もし、あなたの大切な人がターゲットとされてしまったら、必ず正しい対処をもって解決を図りましょう。

よすが総合調査では、こうした卑劣なストーカー犯罪に対応するため、ストーカー被害に詳しい調査員や心理カウンセラーなどがタッグを組み、あなたの大切な人を守るためのサポートを行います。ストーカーが過激化する前に、必ずご相談ください。

ストーカー被害の無料相談窓口はこちら

1日でも早いトラブル解決のため、よすが総合調査では24時間・365日ご相談を受け付けております。相談方法は、フリーダイヤル、メール、ご面談(完全予約制・全国対応)が全て無料でご利用いただけます。

ストーカー被害については、ご本人様はもちろん、彼氏さん・旦那さん・ご家族の方など、周りの方からのご相談も歓迎しております。
もちろん匿名でのご相談も可能なので、「どうすればいいか分からない」といった場合はすぐにご連絡ください。

妻・彼女をストーカーから守る-無料相談窓口

    あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
    ※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

    任意個人様/法人様
    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須住所(都道府県)
    任意電話番号
    任意性別
    必須相談内容【複数の選択可】
    必須調査したい相手との関係性
    必須調べたい事柄

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。



    【自動返信メールが届かない時は】

    当サイトのフォームからお送りいただくと、すぐに自動返信メールが届きます
    自動返信メールが届かない場合は、下記のような理由が考えられます


    ■メールが届かない理由の一例
    ・メールアドレスの入力間違い
    ・自動返信メールが迷惑フォルダ等に移動している
    ・携帯キャリアのメールアドレスをお使いで、PCメールの受信拒否をしている
    ・受信フォルダ・メールボックス等が容量オーバーになっている等
    ※当サイトではメールが届かない方の特定ができないため、直接ご連絡差し上げることができません。

    ■対処法
    ①相談窓口よりフリーダイヤルからご相談ください
    ②お使いのメールアドレスより直接「soudan●yosuga-gr.jp(●を@に変更)」までお送りください。