ご家族や知人・ご友人などが家出してしまったケースについて、緊急で行う場合の費用や調査内容のご紹介です。
このページは、探偵や興信所へご依頼をお考えの方の参考となるよう作成されています。

突然の家出に対応するために

家出人の早期発見に向けて

よすが総合調査では、調査専門機関として失踪人や行方不明者の捜索調査を行なっています。
その中でも、些細な家出を静観していたがために、いつのまにか連絡が取れなくなり本格的な失踪となってしまうケースがあります。

過去にあった20代の女性のケースでは、実家から家出してから数日で犯罪に巻き込まれてしまい、そのままご両親との縁が切れてしまうようなケースがありました。
他にも、家出から時間が経ち資金不足となり、軽犯罪を犯して逮捕されてしまった事例なども確認されています。

このように家出は更なる大きなトラブルに発展する可能性が高いのが現状です。
そのため、近しいご関係の方が家出などをされた場合、日が浅い内に一刻も早く痕跡を掴んで、動向を把握する必要があります。

まず最初によすが総合調査の「失踪・行方不明チェックリスト」をお試しの上、あなたのケースに合わせた対処を進めましょう。

家出の種類に合わせた調査を

家出に関して、動機や状況によって様々なパターンが存在します。
そのため一概に「家出人探し」と言っても、毎回違ったアプローチでの調査が必要とされます。

家出には大きく分けて「突発的な家出」「計画的な家出」があります。

前者の場合、行動範囲が狭くすぐ見つかる可能性が高いですが、突発的に「逃げなければいけない」事情があるため、根本的な問題解決や帰宅後のケアなどが重要です。
後者の場合は、そのまま長期の失踪などに発展したり、手引きする人物がいる可能性が高いため、一般の方が見つけるのは難しいでしょう。

後述の動機などと合わせて、正確に家出のパターンを見極め、それにあった正しい対処をすることが発見のコツです。

ありがちな家出の動機とは

家出人の動機は様々です。
お住まいの環境や職種、性格などによって様々な種類があります。
その中でも、特に多く見受けられるものについて、以下で簡単にご紹介しています。

●人間関係やストレス

喧嘩や些細なトラブルで家出が起きてしまうことがあります。
よすが総合調査に寄せられた家出相談では、こうした対人関係をきっかけとしたものが最も多く、そのまま行方不明事件に繋がってしまう事例も多々あります。

特にご家族などの関係でトラブルが起きた場合、こうした家出は甘く見られがちなので、すぐ捜索に着手される方が少ないのが現状です。
そのため音信不通からしばらく経ってしまい、手掛かりが掴めなくなってから調査を開始されると、なかなか見つからないといった場合も多く注意が必要です。

●金銭トラブル

主に借金などのトラブルから、周りに何も告げず家出してしまうケースがあります。
金銭トラブルの場合は、突発的な家出ではなく、ある程度計画して「逃げる」用意をしていたケースが多く見受けられます。

また金銭的なトラブルでの家出は、家出先で更なる金銭トラブルを起こしてしまう可能性が高いため、しっかりと対処を行わなければなりません。

●精神的な病など

うつ病や統合失調症などで家出をしてしまうケースは、とても危険な状態です。
家出人によく見られる傾向などが無く、予想外の動きとなるため探しづらい特徴があります。

また最悪のケースが考えられますので、とにかく最優先で捜索を行わなければいけない事例の一つです。

●その他/突発的な失踪

動機が不明だったり、突然いなくなってしまったケースでのご相談も多くあります。
もちろん、全く動機がない失踪は存在しないのですが、本人にしかわからない事情のため何も手掛かりがないパターンは捜索の難易度が高いです。

こうしたケースでは、人が無意識に取りがちな行動を考慮しつつ、人探しの経験と勘に頼るしかない場合もありますので、専門家までご相談ください。

動機にあった正しい対応を

上記の通り、失踪や行方不明は全て同じではありません。
動機や状況によって、個別のケースで正しい対応が求められます。

実際に、一度失踪した人物は、同じようにまた失踪してしまうケースがあります。
これは、「とりあえず見つけて連れ戻した」対処しか行わず、本人が抱える根本的な問題が解決されなかったがために、また同じような失踪が起きてしまっている場合です。

よすが総合調査では、専門のカウンセラーが常駐し、アフターサポートとして当人の心のご不安などをケアできるような体制が整っています。
そのため、失踪に関係するご不安なことがあれば、しっかりと解決を図ることが可能です。

緊急の調査に必要な内容と料金

必要な調査サービスの種類とは

緊急での捜索の場合は、様々な要因が考えられるため、目的に合った手段を選択する判断が求められます。

よすが総合調査の場合は、調査員とは別に専門の解決コンサルタントが調査を統括するため、より効率の良い調査をご提案することができます。
また調査ごとに専門家が分かれているため、一つ一つの過程で質の高い結果を導き出すことが可能です。

主に緊急の人探し案件で用いられる調査項目は下記になります。
それぞれの調査の特徴や手法などは、リンク先からご確認ください。

聞き込み調査

尾行・張り込み調査

照会調査

必要な調査料金とは

よすが総合調査の場合:平均41.6万円

これは、よすが総合調査でお受けした緊急の人探し案件にてかかる費用の平均額となります。
緊急性の高い案件となりますと、現場での調査判断や特殊な動き方が発生しますが、よすが総合調査は無断の追加費用は一切発生しません。

緊急の案件に関しても、事前にしっかりと取り決めをしたうえで、分かりやすいご料金の提示を行います。
そのため、初めてご依頼の方にとても多くご利用いただいております。

まとめ

しっかりとトラブルにあった調査を

緊急でのご依頼となると、焦りのあまり訳もわからず費用だけを払ってしまうといった場合もあります。
そのため、無駄な調査が行われたり、発見に至らず時間だけがかかってしまうケースもあります。

よすが総合調査ではそうした無駄を省くために、効率よく最適な調査だけをお約束しています。
それを実現するため、調査を統括するコンサルタントが、しっかりと事前に分かりやすい説明とプランのご提示を行なっています。

緊急の捜索に関する相談窓口

一刻もはやく捜索をする必要がある場合は、すぐに下記のフリーダイヤルにてご連絡ください。
お電話の他にも、メールやご面談(完全予約制)があります。
どの相談方法も全て無料でご利用いただけますので、1日も早い発見のためにまずご連絡下さい。

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。