よすが総合調査では、人探し専門コンサルとプロの探偵が、高い発見率を誇る人探し調査を行なっています。
このページでは、依頼の際に発見率を上げるためのポイントなどをご紹介しています。

失踪人発見のために重要なこと

発見率を左右する「捜索開始のスピード」

人探し調査における重要な点は、調査を始めるまでの速さです。
そのため、発見に至らない事例のほとんどが、失踪から長い時間が経過してから捜索を開始するようなケースとなります。

実際に、身内や知人が失踪した場合「大事にしたくない」「そのうち戻ってくるだろう…」と様子を見てしまいがちです。
確かに、書き置きなどが無い場合ですと「失踪した!」と気付くことは中々難しいのが事実です。

そのため、よすが総合調査では「行方不明・失踪チェックリスト」を作成しておりますので、ご不安な方は以下のリンクよりご利用ください。

行方不明・失踪チェックリスト | 音信不通、帰ってこない等 ご不安の際に

興信所の持つ「捜索のための手段と情報網」

依頼する際の条件として、その興信所が持つ調査手段と情報網を確認する事が大切です。

人探し調査とは、様々な調査手法を複合した調査になります。
例えば、聞き込み調査だけでなく、情報を照会する調査や、実際に尾行・張り込み調査を行うなど、捜索方法は多岐に渡ります。

よすが総合調査では、各調査手法で専任担当制を用いており、利用する調査全てにおいて熟練のプロが担当いたします。
また全国にある探偵ネットワークを利用することで、各地の情報を速やかに入手する事ができます。

調査に大切な「人探しの経験」

様々な調査手法と併せて重要視されるのが、「人探しの経験」です。
失踪人・行方不明者の多くは、特有の傾向が見受けられます。

それは、車の止め方移動方法やそのルートなど、一般の人には判別しにくい僅かな差として現れる事があります。
そのため、人探しの能力に長けた調査員が担当することで、発見率を大きく上げる事ができるのです。

依頼の前に発見率を上げるポイント

事前情報がカギとなります

人物の捜索で大きく発見率に影響するのが事前情報です。
事前のデータをもとに調査を行うため、出来るだけ多く正確な情報が必要となります。

そのため、ご依頼の際は、事前に情報を整理してまとめる事が大切です。
名前、住所、体格や見た目の特徴、所持金などのほかに、失踪前の不審な行動や、周囲の人が気づいた些細な点まで、詳細な情報をお寄せください。

自分で調べられる事があります

専門的な調査以外で、ご家族や周りの方が調べられる事があります。

まず代表的な項目が、持ち出された物やお金などの確認です。
着替えや所持金から行動範囲を予測したり、失踪の真相を推測する必要があるため、かならず当事者の私物を確認してください。

また、会社や学校などへ事情を説明し、聞き込みをすることも大切です。
失踪前の変わった様子や、トラブルの有無などを、関係者にヒアリングしましょう。
こうして取り揃えた情報は全て、詳しい日時と共にメモや録音で記録する事が大切です。

信頼できる興信所に依頼するには

正しい興信所の見分け方とは

前述の通り「人探し調査」とは本来、様々な調査手法を複合した呼び名です。
そのため、それぞれの調査方法において信頼性の高い興信所を選ぶ必要があります。

人探し調査といっても、一体どんな調査をするのかはっきりわからない場合は、しっかりと実施する調査内容について尋ねた上で、納得してから依頼をする必要があります。

よすが総合調査の「人探し」とは

私たちは、最初に人探し専門コンサルが詳細なヒアリングを実施します。
その上で、一番効率が良く、発見率が高い調査のみをご提案いたします。

必ずご納得いただいた上での調査開始となりますので、安心してご利用頂くことが可能です。
そのため、ご相談に関しては全て無料で行っており、24時間・365日対応しております。
匿名でのご相談も可能なので、はじめての方に多くご利用いただいているのが特徴です。

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。