別れた元彼女から復縁を迫られたり、何度も連絡をされる場合、そのまま放置をすると、過激な行為に発展する恐れがあります。
探偵や興信所などの専門機関に相談して、早期解決を目指しましょう。

ストーカー化してしまう女性とは

「勘違い」されていませんか?

よすが総合調査では、恋愛トラブルに専門のカウンセラーが対応しています。
その中でも特に多いのが、こうした元交際相手のストーカー化事案です。

このトラブルは、多くの場合「加害者側が勘違い」している状態にあり、それをしっかり解消した上で、現実を理解してもらう必要があります。
そのためには、相手を納得させるための材料が必要です。

ストーカー化事例にみられる兆候とは

これまであった実際のご相談の中から、危険性の高いケースについてご紹介します。
以下のような兆候が見受けられる場合は、重大なトラブルに発展する事があるため要注意です。

  • 別れたのにあえてこれまでと同じように接してくる
  • 頻繁に連絡をしてきたり、SNSで交流を求めてくる
  • 元カノのSNSに私のことを書かれてしまう
  • 友人や親に私の現状を聞き回っているようだ
  • 実際に付きまといや手紙を渡されたりする
  • 恨みの様な事を言われる

好意が未練となってしまう

以上の様に、遺恨のある別れ方をした際や、相手が別れた現状を認めていない場合は、トラブルに発展するケースが多く見受けられます。

こうした場合は、しっかりと気持ちを伝えて、現状を理解してもらうしかありません。
よすが総合調査では、そのために専門のカウンセラーがサポートを行なっています。

ストーカーした元カノへの対処法

代理人を交えた話し合い

しっかりとお互いの気持ちを整理するため、話し合いは大切です。
しかし、一人だけで応対するのは絶対にやめましょう。

あらぬ勘違いを生む可能性があるのも事実ですが、その場で傷害事件やトラブルに発展する可能性があるためです。
また、友人や親などではなく、第三者の代理人を挟むことによって、効果的に話を進める事ができます。

法的な対処のための証拠の取得

もし付きまといや怪文書、住居侵入や窃盗など、犯罪を伴ったケースでは、法的な対処を行う必要があります。
その際、通常の被害届ではその事件だけで完結してしまいますが、以前から繰り返されていることの証拠を提出することで、ストーカー事件として処理が可能です。

そうした場合、専門家へ依頼をして、もう近づかないという旨の誓約書や同意書を作成することも大切です。

周りの人に協力を求める

例えば相手の実家や御兄弟、友人など、相手が目の届く範囲にいる方々について助けを求めるのも重要です。
相手本人や警察が対処をしてくれなかった場合、最も効果が見込める手段はこの方法です。

しかし、相手側の人物を説得するのは簡単ではありません。
そのため、よすが総合調査では、こうした交渉専門のプロが事前に資料や証拠を集めた上で、周囲の方への説得を試みます。
様々な手を尽くしたのに中々解決しないトラブルの場合は、こうした方法で対処を行いましょう。

トラブル解決コンサルの対応とは

加害者との「交渉」が大切

よすが総合調査では、こうした問題にトラブルシューティングの専門コンサルが立ち会って解決を図ります。
その時に重要視されるのが、相手との交渉材料です。

「あなたはこれだけの事をしている」という重大さを分かってもらうために、様々な証拠や資料を持って交渉に挑みます。
それは、相手の人物像や、行動パターンから解析を行い、相手の人物に一番効く情報を見極める必要があります。

誓約書や警察からの厳重注意を行なっても、ストーカー犯の行動を規制することはできません。それこそ、法律を破って犯行に及ぶ事は可能なのです。
そうした蛮行を絶対に起こさないよう、最初から慎重な対応が求められます。

専門家まで必ずご相談を

もし現在こうしたトラブルでお悩みの方は、私たちの専門のカウンセラーまでご相談ください。
まずはあなたに合った解決までのガイドラインをお伝えします。

よすが総合調査では、24時間・365日 無料相談を行なっています。
また匿名でのご相談も可能なので、初めての方でもご利用しやすいサポート体制を準備しております。
まずはお気軽にご相談ください。

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。