よすが総合調査では、近年増加している近隣トラブルに対する解決方法や、ご自分でできる対処法をご紹介しています。
簡単に引っ越せない場合は、対応を誤ってしまうことで危険なトラブルや重大事件に発展してしまうこともありますので、対処には注意が必要です。
同様のトラブルで探偵や興信所へご依頼をお考えの方は、当ページを参考にご覧ください。

一人暮らしで隣人が怖いケース | 本当に危険な場合とは

重大な事件に発展する恐れ

近年、隣人トラブルから重大な事件に発展するようなケースが目立ちます。
些細なトラブルや、自分にまったく非がないのに目をつけられ、悪質な被害に遭あってしまう場合があるため、もし隣人について不審な点がある場合は注意が必要です。

多くの隣人トラブルは、放置することでストーカー化しやすい傾向にあり、そうした状態に陥った加害者は、あなたに対して執着し攻撃を続ける傾向にあります。
酷いケースでは、引越しをしたり実家に逃げたにも関わらず、住所を特定されて被害が継続するといった場合もあります。
そのため、泣き寝入りをせず、しっかりと対処をする事が望まれます。

一人暮らしの場合は注意が必要

一人でお住まいの場合は、多くの方がマンション・アパート等集合住宅の賃貸かと思います。
もちろん、入居の際に隣人を選ぶことは出来ないので、ある日突然、こうした隣人トラブルに巻き込まれてしまう方が多数です。
性質としては「交通事故のようなものに近い」と例えられることがあります。
自分に非は一切なくても、暴走した人物から突然被害を受けるため、いくら気をつけていても避けられない場合があるためです。

また、特に単身者用の賃貸で見受けられるトラブルでは、隣の部屋の在宅が確認しやすい、防犯機能が乏しい、助けてを呼ぶのが難しいといったお声が寄せられます。
そうした要因から、一人暮らしの物件に関しては嫌がらせ行為がしやすいく、戸建てやファミリータイプの物件よりも、過激な加害行為に発展してしまう事例が多くありますのでご注意ください。

隣人トラブルによくある被害例

よすが総合調査の相談センターに寄せられた、同様の「隣人が怖い」ご相談に関して、多く見受けられるトラブル例をまとめました。
以下のような行為に思い当たる点がある場合は、出来るだけ早い対処が求められます。

  • 壁を叩かれる
  • 大声を出される
  • 監視をされているようだ
  • 足音やシャワーの音でも注意をされる
  • 自転車やポストを壊される
  • ゴミやチラシを投げ込まれる
  • カメラで撮影や録音をされる

一人暮らしで隣人が怖いケース | 可能な対処法とは

同様のトラブルについて、解決に向けて可能な対処法をご紹介しています。
しかしながら、こうした隣人トラブルは住んでる場所や相手、動機などによって違った対処法が必要です。
あなたのケースについて、個別でのアドバイスをお求めの方は無料相談窓口まで情報をお寄せください。

■とにかく関わらず引越しをする

「逃げる」という選択肢は、決して間違ってはいません。
もちろん心情として「どうして自分が…」という無念が残りますが、費用面や精神面においても、加害者の隣に住み続けて得をすることは一切ありません。
そのため、一刻も早く関係を断ち切るために逃げる選択肢は、多くの専門家が推奨しています。

この際、大家や管理会社へ正しい方法で訴求することで、費用の一部が返還されたりする場合もありますので、詳しくは専門家までご相談ください。

■刑事事件として立件

物を壊された、暴力を振るわれた等の被害や、室内に侵入された、窃盗された等の場合は、すぐに警察を呼び、刑事事件として立件することが有効です。
ただし、警察署や担当者の判断により立件されない場合や、加害者への注意などで終了してしまう事もあります。

そうした際に必要なのは、「被害の証拠」「前もって危険を相談する」ことです。
証拠に関しては、次項にてご紹介しております。
後者の「相談」に関しては、怖い隣人に対して小さな被害や危険性が見受けられる場合、管轄の警察署の「生活安全課」まで相談を行いましょう。
事前に予約が必要ですが、警察署のほうで「相談記録」を残すことができます。
こうした相談記録を残しておく事で、緊急での通報や事件の捜査の際に有利となり場合があります。
そのため、事前の対策として相談は非常に有効です。

■第三者が直接勧告を行う

行政や警察が動いてくれなかった、事態が好転しない場合は、専門家や調査会社を利用して個人間での解決を行う方法があります。
一対一でのやり取りでは強気な加害者も、代理人を挟んだ対処に関しては全面的に非を認めるといった場合も少なくありません。

また証拠を取得した場合は、弁護士を利用して民事訴訟を起こすことも可能です。
精神的苦痛を根拠に慰謝料を請求したり、引越し費用などの一部請求を行う方法が考えられます。
非常に危険なケースや、お一人での対処が難しい場合は、専門家を利用して解決するのが一番安全です。

一人暮らしで隣人が怖い | 対処法に必要な“証拠”とは

「動かぬ証拠」で有利な交渉を

前述の通り、様々な被害に遭われている場合は、まず証拠の取得を行わなければいけません。
加害者本人や警察、管理会社など様々な相手を動かす場合に、証拠の質がその結果を大きく左右します。

よすが総合調査では、公安局認可の総合調査会社として、プロの探偵が証拠取得調査を行っています。
専門的な調査の詳細については、以下をご覧ください。

有効な調査とは

■尾行・張り込み調査

調査員が張り込みを行い、トラブルに関する撮影・録音を行います。
また住居侵入や器物破損などが見受けられた場合は、その場での逮捕を行います。
加害行為を現認するため、最も証拠能力として高い結果を得ることができる上に、加害者に対して言い逃れの出来ない状況を作る事が可能です。

■聞き込み調査

隣人トラブルでよく用いられる調査として、聞き込み調査が挙げられます。
対象者(加害者)に関する、過去のトラブル例や噂、目撃情報などを多角的に収集することで、その他の証拠能力を補強することが可能です。

また、同様のトラブルの解決事例として、不動産会社から「これまでトラブルはなかった」と聞いていたにも関わらず、調査の結果「加害者のトラブルで多くの人が引越しを余儀なくされていた」証言を得たため費用が一部返還された、といった事例もあります。

■測定調査

騒音・振動・電磁波などを、グラフ等のデータで記録することで、被害を証明することが可能です。
専門的な測定器を設置し、1週間から3週間ほど記録を取り続けることができます。
これにより、いつどのような被害があったのか、健康状況や精神的被害の立証といった様々な状況にご利用頂くことが可能です。

まとめ

深刻な被害の解決へ 専門家がサポートします

一人暮らしの場合、いざという時の対処にご不安があるかと思います。
誰しもが、隣人からの被害に当たって怖いと思うのは当たり前です。
そうしたお悩みをいち早く解決するため、よすが総合調査では、隣人トラブルに強い専門家として解決までサポートを行っています。

近隣トラブルは、当事者同士での解決はとても難しいのが現状です。
被害が過激化する前に、必ずプロのアドバイザーまでご相談ください。

一人暮らしで隣人が怖い | 無料相談窓口

緊急でのご相談に対応するため、24時間・365日ご相談を受け付けています。
相談方法は、フリーダイヤル、メール、ご面談(完全予約制・全国対応)が全て無料でご利用いただけます。
現在の被害状況や、隣人の方の情報を併せて、下記の窓口よりご相談ください。

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。