今回は、ママ友間で発生した洗脳トラブルについて、実際のご相談や調査内容を元に事例をご紹介しています。

ママ友の繋がりを悪用した洗脳被害については、これまで数々のトラブルが確認されています。子供同士の仲が良いから、クラス単位で付き合いがあるから、と言って油断は禁物です。最初から裏の目的を持った交流が行われていたり、プライベートに踏み込んで他人の家庭の支配を行おうとする人物も見受けられます。

もし同様の被害で現在お悩みの方は、大きなトラブルへと発展する前に専門家までご相談ください。よすが総合調査では、専門カウンセラーに相談できる無料相談窓口をご用意しています。ご本人やご家族様など、どなたでもご利用いただけますので、安心してご相談ください。

ママ友の間で起こる洗脳・マインドコントロール – 相談実例

相談者:40代・男性 / 埼玉県

妻について相談させてください。
2ヶ月くらい前から、妻の行動について不自然なことが続いています。

具体的には、妻と異常に仲の良いママ友がいて、その人と常に行動を共にしているような印象です。
平日はそのママ友の家に行ったり夜遅くまで電話をしたりしています。休日はそのママ友と買い物やランチなどにほぼ必ず出かけている状況です。

そのママ友について、仮にA子さんとします。
妻とA子さんが知り合ったのは半年ほど前で、A子さんの子供が転校してきて、うちの息子と仲良くなったところから関係が始まりました。

子供を通して妻とA子さんはすぐ仲良くなり、最初の頃は妻からA子さんの話をよく聞かされました。
それによると、A子さんは現在シングルマザーで、夫のハラスメントに耐えかねて離婚や裁判を経験したとのこと。それにより元々住んでいた地域に居づらくなって、子供と一緒に引っ越してきたこと。また、A子さん自身は元から精神的な病を抱えていて、大変な境遇にも関わらず仕事をバリバリこなし、前の旦那の収入を超えたことなどを知りました。

程なくして妻とA子さんの関係は、側から見ても少しおかしいようなものになりました。
妻が家にいる時も、常にLINEや電話でA子さんと連絡を取り続けていて、最初にもお伝えした通り、かなりの頻度で会うような状況となりました。
最初は子供を連れて、夜遅くまでA子さんの家に行ったりを繰り返していたのですが、最近は子供を私や実家の両親に預けて、ほぼ一日A子さんと過ごしている日もあります。
また、A子さんと付き合うようになってから、それまであまり飲まなかった妻が頻繁に酒を飲むようになり、ふらふらの状態で帰宅してくることもありました。

さすがに私も、その関係性はおかしいと思い、やんわりと妻に『A子さんと仲良くしすぎじゃないか』と言うような内容を伝えたところ、突然人が変わったかのように激昂。
『私とA子ちゃんは親友なんだから悪く言わないで』
『あんなに苦労しているA子ちゃんの気持ちが、あなたに分かるはずがない』
『今のA子ちゃんとその子供には、私が必要だから助けてあげなくちゃいけない』

等と、尋常じゃない様子で捲し立てられました。

それから偶然ネット記事で、数年前に起きたママ友同士の洗脳トラブルのニュースを見ました。
まさかママ友間でこのような支配関係が生まれるとは思ってもいなかったので衝撃を受けました。
そして、このニュースに出ているような内容と妻の行動に、思い当たる節がいくつもあるのです。

杞憂かもしれませんが、もし妻がこの事件のようにA子さんに支配されていて、A子さんに何かしらの目的があるのであれば、すぐに妻や子供を助け出したいと思っています。
そのために、A子さんや妻の行動を調査してもらうことは可能でしょうか。』

※実際のご相談から内容を改変してご紹介しております。
※実在する会社法人・団体・個人とは一切関係がありません。

ママ友同士の洗脳トラブルに関する探偵・興信所の相談イメージ
ママ友に関して不審な点がある場合は – 洗脳・マインドコントロールの専門家へ

相談のポイント – 他人を支配する目的とは

今回のご相談では、ママ友同士で共依存や支配と取れる関係性が生じている問題です。
この相談の段階では未だ大きな問題には発展してはいませんが、このようなママ友間の洗脳・マインドコントロールに関しては事件や犯罪に発展することも珍しくなく、静観して放置するには危険なトラブルとも言えます。

特にご相談のケースでは、知り合って数ヶ月のママ友にも関わらず「親友」と呼称するまでに至っており、かなり速いペースで奥さんの心が掌握されているものと思われ、その分、危険性も高いと見受けられます。

しかし、こうした洗脳トラブルは、常に決まった解決方法がある訳ではありません。ママ友という関係性に限らず、洗脳やマインドコントロールを解くためには、加害者側の目的や動機を把握する必要があります。加害者が何を目的としてこうした行為に及んでいるのか、また被害者のどういった心情につけ込まれたのか、その過程に合わせた正しい対処やカウンセリングを行うことが求められます。

ママ友の洗脳の目的を調べる

一般的に、洗脳やマインドコントロールの真意を探るためには、素行調査経歴に関する情報照会調査が有効とされています。これにより、対象者が現在どのような交友関係を持っているか、対象者に関する過去のトラブルの有無や、これまでに同じような被害者がいたかどうかなどがわかります。

このように、解決までにはいくつか必要となる情報が存在しています。以下では、求められる情報の具体例をご紹介していますので、もしわかっている情報があればメモなどで控えておき、相談の際にご提示ください。

「洗脳トラブルの解決に有効とされる情報」

  • 相手の本名
  • 相手が所属している団体名(宗教、セミナー等)
  • これまで支払ったお金や物品(契約書等)
  • 相手の勤務先、職種
  • 相手の家族や同居人について
  • 相手の過去の情報
  • 相手のSNS(Twitter、Instagram等)
  • セミナー、会合などの情報や日程……etc

最終的な目的にあった解決方法を

ただ単に洗脳やマインドコントロールを解く、といっただけでは、本質的に問題が解決しないことがあります。多くの場合、他人から洗脳・マインドコントロールを受けてしまった被害者は、それ以前に何かトラブルを抱えていることが多いためです。

例えば仕事や収入に関して不満があったり、子育てや教育に関しての悩み、夫婦関係や家族に関する悩み、心身に関する持病などがこれに当てはまります。

つまり、洗脳やマインドコントロールを解いて「元の生活に戻す」ということが、必ずしも被害者に取って良い選択ではない場合があります。そのため、洗脳を解除した暁には、そうした根本的な問題に関しても解決に取り組み、元の生活より良い状態に進まなければいけません。

よすが総合調査では、認定資格を有する心理カウンセラーが在籍し、こうした生活に関する根本的なアドバイスや改善サポートを行っています。「どう解決したらいいか分からない」「最善の方法を教えて欲しい」と言う声にもお答えしておりますので、安心してご相談ください。

ママ友の間で起こる洗脳・マインドコントロール – 調査事例

①A子氏に関する素行調査

今回のトラブルを解決するに当たって、まずA子氏がどのような目的で依頼者の妻を支配しているのかを知る必要がありました。そのため、第三者の視点から客観的に素行などを確認し、享受している利益など知るための調査を実施しました。

調査の結果、以下のような事実が判明しました。

【調査結果】

対象者:○○ ○○(A子)氏
同居者:息子(10歳) 計1名
勤務地:■■■■株式会社

(中略)

・○月○日 16:29~
A子氏が自宅から車両で移動を開始する。

・17:14~
A子氏が喫茶店「○○」へ入店し、すでに着座していた30代位の男性と合流する様子が見受けられる。

・17:32~
調査員が同店舗へ潜入し、A子氏並びに男性の会話を確認したところ、A子氏から男性に対して、健康食品等の勧誘を行っている様子が確認された。加えて、A子氏より「入会して販売をするとインセンティブが貰える」という内容の説明がされている様子が見受けられた。

この事実を依頼者に伝え、奥さんの持ち物や化粧品などを確認してもらったところ、A子氏が男性に勧誘していたブランドの商品が何点か発見されました。依頼者の奥さんも、勧誘を受けてマルチビジネスに入会しているA子氏のダウン(下の立場)の一人だったことが判明しました。

ママ友の洗脳・マインドコントロール被害に関する調査報告書イメージ

② A子氏の過去の情報に関する調査

上記の調査に加えて、A子氏の現在の動向だけでなく、過去の情報についても情報照会調査を実施し確認を行うことになりました。
依頼者の情報では「A子氏は半年ほど前に突然引っ越してきた」とのことなので、引越しに至った理由や、なぜこの土地に引っ越してきたのか等を探る調査を実施しました。

またA子氏の素行調査で、A子氏が勧誘を行っているマルチビジネスについても具体的な団体名が判明していたため、その情報も併せて照会を行うこととなりました。

【調査結果】

対象者(A子氏)について、○○年11月まで某県××市に居住していたことが判明した。
その元居住地にて付近住民に聞き込み調査を実施したところ、約1年前までA子氏と「ママ友」の関係にあった女性(以下、B子氏と呼称)と接触することに成功した。

B子氏の証言によると、A子氏は当時、夫と息子と共に生活をしていたが、A子氏が自然派食品やそれに準ずるマルチビジネスに傾倒。ママ友間で勧誘を繰り返した挙句、夫からも離婚を突きつけられたとのこと。その後、突然息子を連れて引越しをしたことが判明した。

B子氏の証言により、A子氏の語った自身の境遇が嘘であることがわかりました。
またA子氏が依頼者の妻に接近した目的は、大方マルチビジネスの勧誘であることも判明しました。

③ A子氏と依頼者の妻の行うビジネスの調査

ここで、A子氏が依頼者の妻を勧誘したビジネスについて、違法性を含んだマルチビジネスの可能性が指摘されたため、営業実態を調べる調査を行うこととなりました。これにより、その商材における過去のトラブルの有無や訴訟に関する情報、法律に抵触していないか等の問題点を確認することが可能です。

【調査結果】

対象者及び依頼者の妻が販売している商材「○○○○」について、勧誘方法および広告表示等が連鎖販売取引法に抵触していることが判明した。
また、素行調査時に対象者が男性に語っていた勧誘の文言についても、実際には存在しない嘘の内容であることが判明した。

依頼者の妻に対する説得

このような調査結果を持って、依頼者と共に奥さんと話し合いを行うことになりました。
事実を知った奥さんは動揺していましたが、依頼者の思いとは裏腹に、奥さんの口からは「A子さんを信じたい」と告げられ、議論は平行線に終わりました。

その話し合いから数ヶ月後、依頼者から私たちの元へ連絡がありました。
あれから、奥さんの中で「やっぱりA子さんに利用されているのではないか」との疑念が広がり、その中でA子さんと接しているうちに関係が悪化。A子さんからは捨て台詞のように「私を裏切ると幸せになれない。子供も不幸になる」と言われて、A子さんに利用されていると気付いてハッキリと目が覚めた、とのことでした。

その後、依頼者が奥さんから聞き出した情報によると、やはりA子さんは自然派食品のマルチビジネスに傾倒しており、奥さんにも勧誘を行っていたようでした。その際に、夫に対しての不満などを巧みに引き出されて「あなたは夫に大切にされていない。子供を守るために、私のように一人で生きるべき」「そのためには、この商材を売って会員を増やす必要がある」と誘導されたとのことでした。

ママ友による洗脳やマインドコントロールの探偵・興信所の相談窓口イメージ

まとめ

ママ友同士の洗脳トラブルを解決するには

今回は、子供の同級生のママ友と言う関係の中で発生した、洗脳やマインドコントロールに関するトラブル事例をご紹介しました。調査の結果として、洗脳する側に金銭的なメリットがあり、それによって被害者は利用されていた事実が判明したケースとなります。

このように、ママ友という関係を悪用して上下関係を築き、他人を利用して利益を享受するような洗脳トラブルは全国に見受けられます。特に重大な事件はニュースでも報道されていますが、今回の詐欺のようなケースは中々明るみに出ず、対処も難しいといった側面があります。

そのため、よすが総合調査では心理カウンセラーが最適な解決方法をご提示し、専門の調査員が証拠を取得することで、それぞれのご事情にあった解決方法をサポートしています。もし、現在同様のトラブルに遭われている方は、必ず解決実績のある専門家までご相談ください。

ママ友での洗脳トラブル事例

  • ママ友から食品や化粧品を買わされている
  • ママ友がセミナーや勉強会に勧誘をしてくる
  • 妻の行動が急におかしくなった
  • ママ友から指示や命令を受けている
  • ママ友が私生活に踏み込んでくる……etc

ママ友同士による洗脳トラブル無料相談窓口

よすが総合調査では、ママ友や保護者間で起きる洗脳・マインドコントロールトラブルでお悩みの方へ向けて、専門のカウンセラーが最適な解決プランをお伝えします。
相談方法は、どなたでもフリーダイヤル、メール、ご面談(完全予約制・全国対応)が全て無料でご利用いただけます。

相談は全国どこからでも、匿名でも可能です。
秘密厳守をお約束しておりますので、はじめての方でも安心してご利用ください。

ママ友による洗脳・マインドコントロール被害の無料相談窓口

    あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
    ※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

    任意個人様/法人様
    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須住所(都道府県)
    任意電話番号
    任意性別
    必須相談内容【複数の選択可】
    必須調査したい相手との関係性
    必須調べたい事柄

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。



    【自動返信メールが届かない時は】

    当サイトのフォームからお送りいただくと、すぐに自動返信メールが届きます
    自動返信メールが届かない場合は、下記のような理由が考えられます


    ■メールが届かない理由の一例
    ・メールアドレスの入力間違い
    ・自動返信メールが迷惑フォルダ等に移動している
    ・携帯キャリアのメールアドレスをお使いで、PCメールの受信拒否をしている
    ・受信フォルダ・メールボックス等が容量オーバーになっている等
    ※当サイトではメールが届かない方の特定ができないため、直接ご連絡差し上げることができません。

    ■対処法
    ①相談窓口よりフリーダイヤルからご相談ください
    ②お使いのメールアドレスより直接「soudan●yosuga-gr.jp(●を@に変更)」までお送りください。