よすが総合調査では、専門家と調査員がタッグを組み、ストーカー行為を止めるための証拠取得や交渉、アドバイスなどを行なっています。
その中でも、ストーカー行為を諦めさせるために特に有効とされる対処法についてご紹介しています。
現在、同様の被害で探偵や興信所へご依頼をお考えの方は、当ページを御参考にして下さい。

ストーカーへ対処するために必要な準備とは

悪質なストーカー行為にご注意ください

よすが総合調査は、これまで多くのストーカー被害を解決してきた実績があります。
その中でも、女性の被害者からのご相談で最も多いのが、加害者が知人男性のケースです。

同僚やクラスメイトなど、普段は何事もなく接しているはずなのに、個人間のやりとりにおいてLINEやSNSを用いてストーカーめいた発言をしたり、実際に付きまといや盗撮などを行うケースが見受けられます。
これについて、正しい対処を行い早急にストーカー行為をやめさせる必要があります。

準備① 相手の名前や情報を得る

まず「どこの誰が」ストーカーを行なっているかについて、改めて把握する必要があります。
友人の友人であったり、なんとなく知ってはいるけど本名など正確に分からない…といった場合は、しっかりと把握しておくことが重要です。
また、相手のSNSアカウントなどについても併せて知っておきましょう。

この際、周囲の人に尋ねたり詮索していることが、ストーカー犯の耳に入らないよう慎重に進めてください。

準備② 相手が“どこまで知っているか”を把握する

次に、予測でもいいので「ストーカーが自分について、どこまで知っているか」を把握しましょう。
例えば、住所や勤め先などの具体的なデータを相手に知られている場合と、SNSのアカウントだけしか知られていない場合では、対処法も異なります。
これについては、相手の発言や被害内容から推測することが可能です。
分からない場合は無料相談窓口より専門家へお尋ねください。

準備③ 生活パターンを読まれないようにする

日々の生活において、決まった時間やパターンがある場合は注意が必要です。
出勤・退勤や、よく行く店舗、帰宅時間などを確認されている場合は、それをあえて外して行動パターンを読めなくする事で、ストーカー行為を妨害することができます。

また、SNSの投稿内容や、頻繁に投稿する時間などもストーカーにとって有効な情報となる場合があるため、こちらもご注意ください。

準備④ 証拠を記録しておく

携帯のメッセージをスクリーンショットで保存したり、手紙などの送付物がある場合は保管しておくことをおすすめします。
また、実際に家や職場に来ている場合はその場で110番をして相談記録を残したり、監視カメラの映像などを後々の証拠として活かすことも可能です。

些細な連絡でも、内容によっては脅迫などに当たり、法に抵触している可能性があります。
また映像や音声で残せないものは、日時や状況と一緒にメモをしたりすることも有効です。
とにかく、ストーカー犯に関わることはすべて記録を残すことが重要です。

ストーカー行為を諦めさせる有効な3つの対処法

対策① 証拠を取って法的に対処する

悪質なストーカー犯に対して、最も有効な対処法が、ストーカー規制法を用いて法的に訴求をすることです。
それを行うにあたり、ストーカー規制法に抵触している証拠が必要になります。

明確に違法な証拠として監視していることを告げる内容や脅迫めいたメッセージがあればすぐに行動を起こせますが、そうした証拠がない場合は、実際に犯人があなたに付きまとう様子の映像や音声が必要となります。

証拠とともに訴えることで、警察からの注意や指導、悪質な場合は逮捕がされるため、抑止力として最も有効な手段です。

対策② 加害者の家族に対応を求める

法的な対処が難しい場合や、警察が対応してくれなかった場合などは、加害者の家族や兄弟などに直訴するのも有効な手段の一つです。
これは、ストーカー犯が家族と同居している場合や、既婚者で家庭がある場合などにとても効果があります。

方法としては、弁護士や第三者を通して、書面での通達を行う方法が一般的です。
書類の作成や方法などについて、詳しくは専門家までご連絡ください。

対策③ 逃げる

様々な対処を施してもストーカー行為が止まない場合は、逃げる事も一つの手です。

ストーカー犯罪は、時として暴力行為に発展することもあります。
お金や仕事は命には代えられないため、逃げる事は決して間違った判断ではありません。
危険性が極めて高いと判断された場合は、とにかくすぐに逃げて、後から法的な対処や訴求をすることも出来るため、その瞬間での冷静な対処が望まれます。

まとめ

ひとりで悩まないでください

ストーカー犯罪は、被害者の言い出しにくい心理につけ込んだ、悪質な犯罪です。
そのため、一人で対処しきれず、泣き寝入りしてしまう被害者が多いことも事実です。

そうした卑劣な犯罪に対し、よすが総合調査は専門家として徹底的に対応します。
正しい対処を行えば、ストーカー被害は確実に止めさせることができるため、同様の被害でお悩みの方は下記のバナーよりすぐご連絡ください。

ストーカー被害 無料相談窓口はこちら

専門の心理カウンセラーが24時間・365日ご相談に対応しています。
フリーダイヤル、メール、ご面談(完全予約制・全国対応)が、すべて無料でご利用できるため、はじめての方に多くご利用いただいております。
もちろん匿名でのご相談も可能なため、ストーカー被害にお悩みの方はまず専門家までご連絡ください。

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。