よすが総合調査では公安局認可の元、借金や倒産でのトラブルに関する住所調査を行なっています。当ページでは、債務者の住所が不明の際に追跡をするための調査や、調査の実例、費用などをご紹介しています。

借金などのトラブルは、失踪の中でも難易度が高い場合が見受けられます。探偵や興信所へご依頼をお考えの際は、必ず人探しが得意な専門家を有する調査会社へご相談ください。

借金で失踪した相手の住所を追跡するには

借金した人物に関する情報を集める

住所を追跡するにあたっては、一般の方やプロの探偵が行うにしても、まず正確な事前情報が必要となります。発見のために必要な情報とは、例えば以下のようなものが挙げられます。

■住所の追跡に有効な情報とは?
・本名(フルネーム)
・年齢
・元の住所や住んでいた地域
・家族構成
・電話番号(携帯、スマホ、固定など)
・車のナンバーや車種
・SNSアカウント(LINE、Twitter、Instagram、Facebookなど)
・行きつけの店、交友関係など……etc

上記以外にも、住所を追跡するための手がかりは様々あります。こうした痕跡を見逃さないよう、相手を探し始める前に、まずはご自身の記憶やこれまでのやり取りの記録から得られる情報をまとめて、必ずメモとして残しておきましょう。

借金-住所-追跡-調査-特定-探偵-無料相談窓口
借金での人探しや住所の追跡は、人探し専門の探偵にご相談ください。

借金の住所調査に重要なのは「情報の日時と正確性」

しかし、お金を借りて自ら逃げているような対象者に関しては、その痕跡や手がかりを消して逃亡している可能性が見受けられます。そのため、証拠として「情報の日時と正確性」が重要となってきます。

例えば、前述で記録したような事前情報に対して「○月○日時点では確実だった」ということがわかれば、それを手がかりに借金をしている人物の住所や現在地を追跡することができます。

逆に、確証のない情報を根拠に調査を開始してしまうと、全く対象者が見つからない無駄な調査を行なってしまうことに繋がります。そのため、あまり自信の無い事前情報に関しては、その旨をお伝えいただけると幸いです。

正しい情報の記録の仕方:例
「・090-xxxx-xxxx←○月○日時点で○○と通話していたため使用されていたのは確実」
「・ 元勤務先××商事←本人がそう話していたが、社員証などは未確認なので嘘かもしれない」
【POINT】年齢や勤め先など、間違った情報を信じ込まないように注意!!

借金トラブルの間違った住所追跡方法にご注意ください

こうした住所調査に関して、プロの探偵はトラブルの性質に合わせた探し方を実施します。そのため、借金や倒産トラブルにはそれにあった方法で探さなくてはいけません。特に住所を特定する際には、間違った方法を取ってしまうと、逆に追跡できなくなってしまう可能性があります。

間違った方法① SNSでの呼びかけ

特に間違った方法として挙げられるのが、SNS等で「拡散希望」などを利用して情報を募る方法です。借金している人物自身がこうした書き込みを見つけてしまい、「自分が探されている」と気付かれてしまうことで、様々な不都合が発生してしまいます。例えば、情報を隠されたり、住所を変えられてしまうこともありますし、追い詰められた対象者が最悪の行動に出てしまう可能性もあります。

SNSなどを利用した捜索は、あくまでも相手に気付かれないように行わなければいけません。大々的に情報を募集する際は最終手段まで控えておくことをおすすめします。

間違った方法② レターパックや宅急便などを送ってみる

よくネットなどで見受けられる方法として、怪しいとされる住所に対象者の名前でレターパックや宅急便を送りつけ、そこに在住しているか確認するといった手段があります。こちらに関しては、多少間違った情報でも届いてしまうことがありますし、受け取った人物が対象者かどうか確認しなければ意味がありません。

つまり、裏が取りにくい手段のため、闇雲にこうした方法を実施するのは控えた方がいいでしょう。もしその住所が正しく、借金をしている本人が荷物を受け取ったとしても、無駄に警戒を与えてしまうことに繋がってしまいます。

間違った方法③ ご自身での聞き込みやビラ配り

人探しや住所を追跡する際に、よく聞き込みやビラ配りを真っ先に行う探偵会社などがあります。しかし、借金や倒産に関するトラブルでは、こうした方法はかえって逆効果になりがちです。

前述の通り、借金をしている対象者本人の耳に入ると逃げられてしまうことに繋がりますし、こうした方法で集められた情報の信用性は低いため、コストに見合わない方法になってしまいます。まずは他の方法で手を尽くし、本当にどうしようもなくなった際の最終手段として取っておきましょう。

借金での住所追跡調査を依頼する際の注意点

●借金の有無を証明できるものを用意する

借用書などがある場合は、そちらを確認させていただく場合があります。そうした書類が何も無い場合は、これまでのやり取りの履歴や通帳での記録などをご用意ください。こちらに関しては、どの探偵社や興信所も同様ですが、債権者を騙ったストーカーや違法な団体からの依頼を防止するための措置になります。

よすが総合調査では、違法なご依頼や目的と異なる調査依頼はお断りさせていただいています。もちろん、調査に関しても違法は手段は一切利用しておりません。

●探偵や興信所は必ず何社か相談してみる

一社だけに相談して即決するではなく、何社かに相談をした上で調査会社を決めましょう。比較するポイントは、値段の安さだけではなく、必ず「提示される調査手法」や「担当相談員の知識」などで決めることをおすすめします。

●事前情報を準備しておく

お問い合わせの際には、前述で挙げたような、対象者に関する事前情報を必ずご準備ください。正確な情報が取り揃っている場合だと、調査料金が大きく値下げされることがあります。

逆に、全く情報が不足している対象者の場合は、事前調査が必要となってしまうことがあるため、お見積もり金額も変化します。必要な情報を揃えた上で相談をするようにしましょう。

借金トラブルで住所を追跡する場合の費用とは

借金-住所-追跡-費用-探偵-興信所

※上記の料金は税別・調査員1名の値段です。
※どういった調査が必要かは、専門のカウンセラーへお問い合わせください。

まとめ

トラブルにあった調査で住所を追跡できます

近年、倒産や解雇が相次ぐ中にあり、借金に関する住所調査はご相談が増加しています。まだ所在が不明となってから日が浅い場合であれば、低料金・短期間で対象者を発見できるかもしれません。

また住所が分からなくなってから時間が経っている場合でも、過去の情報を追跡していくことで対象者の現住所を発見することはできます。ご依頼を悩まれている方や、ご自身で探す方法をお考えの方は、まず専門家にご相談ください。

借金トラブルでの住所追跡調査 | 無料相談窓口

よすが総合調査では、1日も早く対象者の住所を特定して借金が返ってくるよう、専門家が様々なアドバイスを行なっています。相談はフリーダイヤル、メール、ご面談(完全予約制・全国対応)がどなたでも全て無料でご利用できます。

もちろん秘密厳守、匿名でのご相談も可能です。また個人様や法人様は問いません。初めてご相談をお考えの方は、よすが総合調査の無料相談窓口まで情報をお寄せください。

借金-住所-特定-追跡-探偵-興信所-無料相談窓口

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。