現在、新型コロナウイルスの影響により、勤務体系を在宅・テレワークとする企業が増加しました。それを理由に、様々な夫婦間トラブルのご相談が相次いでいます。特に浮気のご相談が増加している傾向にあるため、今回は緊急事態宣言下における浮気被害の解決策についてご紹介します。
同様のトラブルで探偵や興信所にご依頼をお考えの方は、当ページを参考にご覧ください。

テレワーク期間中の浮気トラブル解決策

在宅勤務でも不倫は発生しています

全国へ緊急事態宣言が発令され、さらに期間が延長となった現在でも、浮気や不倫は日々発生しています。「こんな中で浮気なんてするわけがない」とお思いの方は非常に危険です。実際に、一部メディアではコロナによる外出自粛の影響で起きる「コロナ離婚」が増加している報道もなされており、話題となっています。

実は、このような状況下で浮気が発生しやすいことには、明確な理由が存在しています。

自粛中に浮気が起きやすい理由とは

在宅でストレスが増え不仲になりやすい

何週間も在宅ワークとなり、一緒に過ごす時間が増えると、ストレスから口論なども増えてしまいます。不仲になると、当然不倫が起きるきっかけとなるため、実際に喧嘩やセックスレスが起きてしまっている家庭は要注意です。

また飲食店やアミューズメントパークなども自粛しているため、ストレスを解消する行動を取りにくいことも原因として考えられます。

普段の生活と違って行動が把握しづらい

会社勤めからテレワークへ移行すると、生活時間がガラッと変化します。そのため、これまでのように出勤・退勤が決まっている生活よりも、行動パターンが把握しづらくなります。

裏を返せば、嘘をつきやすくなる・言い訳をしやすくなる事につながるため、浮気にはうってつけのタイミングとなってしまうのです。

ベビーブーム現象が起きる

戦争や大災害が起きると、その直後にベビーブームが訪れます。人間の本能として、種の存続のため子作りをしなければいけないという感情が芽生えてしまうようです。このコロナ自粛中においても、日夜悲惨なニュースが流れ、暗い気持ちになってしまいがちです。そのため、男女ともに外に出会いを求めてしまう傾向にあるのではないでしょうか。

自粛要請が想定より長引いている

当初は数週間とされていた自粛要請ですが、2020年5月初旬に1ヶ月先まで延長され、ますます見通しの見えない状況となってしまいました。

こうした政府からの発表を受けて、実際にSNS上などでも「このまま自粛を続けていくのは限界だ」との声が多く、自主的に自粛を解除してしまう人も多く見受けられます。そうした機運の高まりから、徐々に浮気行為が増えてしまう傾向が見受けられます。

もしかして浮気かも?と思ったら – 相談の実例

  • 在宅ワーク中でも不定期に出勤日があるようだ
  • 急にスマホを見ている時間が増えた
  • セックスレスになった
  • 不自然に帰りが遅い時がある
  • 日中でも出かけていることが増えた…etc

これらは、よすが総合調査に寄せられた浮気に関するご相談です。旦那さん/奥さんにこうした点が見受けられる方は要注意です。

コロナ期間中の浮気調査の料金について

よすが総合調査では、自粛期間中でも調査依頼を受け付けています。調査料金は、通常の期間と全く変わりません。

特に浮気トラブルは、気付かないうちに関係が進行してしまい、ある日突然起きてしまうことがあります。それはコロナによる自粛要請期間においても一緒です。決して事態を甘く見過ぎずに、どんなご不安でも専門家までご相談ください。

浮気トラブルの無料相談窓口はこちら

よすが総合調査では、浮気問題に関して専門家や心理カウンセラーが対応しております。相談方法はフリーダイヤル、メール、ご面談(完全予約制・全国対応)が全て無料でご利用できます。

もちろん秘密は絶対厳守・匿名でのご相談も可能です。はじめての方がご利用しやすいよう、皆様の立場に立った親切で丁寧なサポートを心がけております。

浮気トラブルに関しては、当日のご依頼も積極的に受け付けております。地域や時間などの条件も併せてお伝えください。

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。