よすが総合調査は、心理カウンセラーやプロの探偵が在籍し、様々な不倫・浮気トラブルを解決してきた実績があります。
今回は、交際相手の男性の浮気に関して、浮気をやめさせたい、問い詰めるための証拠が欲しいとお考えの方に向けた必要な内容の紹介になります。
現在、同様のトラブルで探偵や興信所へご相談をお考えの方は、当ページを参考にご確認ください。

浮気をやめさせるには?

対処には「証拠」が必要です

浮気トラブルを解決するためには、相手に「浮気をした」という事実を認めさせる必要があります。
しかし、勘でなんとなく浮気していることに気付いたとしても、決定的な証拠がなければ問い詰めることはできません。

そのため、多くの人がご自身で証拠を取ろうとしたり、実際に探偵や興信所へ依頼するケースがあります。
しかし、正しい知識を持って証拠を取得しなければ、それまでの行動が無駄足になってしまうことがあります。

勘違いされがちな「間違った証拠」とは

相手や状況によって様々な証拠が存在しますが、ここではよく勘違いされがちな「効力のない証拠」についてまとめました。
もちろん交渉の仕方や問い詰め方によって、証拠として効力を発揮する場合もありますが、これらを取得してもあまり効果がない場合が多く見受けられるため、注意が必要です。

浮気の証拠として弱い内容

■GPS、カーナビの記録

一般的に勘違いされがちなのが、こうした位置情報のデータだけでは浮気の証拠にはなりません。
裁判や調停など法的な場においても、これだけでは浮気の証拠として認められないケースも多く、実際に相手に問い詰めても浮気の自白には繋がらないでしょう。

もちろん、浮気の事実確認などの意味としては有効ですが、GPSなどを仕掛けたことが発覚した場合、警戒されてその後に証拠が取りにくくなったり、プロの探偵を雇っても結果が出なかったりする場合があります。

そのため「事実確認」をしたいのか、「証拠が欲しい」のかによって、よく考えて利用しなければいけないデータになります。

■ラブホテルに入った映像

意外に思われるかもしれませんが、ラブホテルに入った映像が撮れたとしても、裁判で勝てなかったケースが存在します。
その理由は「ラブホテルには入ったが、直後に出ている」という反論をされてしまう場合があったためです。
また浮気相手について鮮明に記録されていない場合も、「相手がプロの人である」「あったばかりの知らない人」など言い訳されることもあるため、証拠として利用できないことがあります。

そのため、単にホテルに入った映像だけではなく、「誰と入ったか」「どのくらい滞在したか」「その後どういう行動をとったか」といった情報を記録する必要となります。

■友人・知人の証言

法的係争や、直接相手を問い詰める場合にも、知人や友人の証言だけで行動を起こすのは控えた方がいいでしょう。
証言のみでは証拠能力として低い点も挙げられますが、第三者を巻き込んだ騒動となり証言者に迷惑をかけてしまう場合があります。

もし、こうした証言を得た場合は、あくまでもその証言についての裏を取る必要があります。
しっかりと確信を得られるまで、証言については隠しておくほうが有効です。

■不鮮明な映像、音声

当たり前ですが、不鮮明な映像や音声については証拠にならない場合があります。
これは浮気相手の顔や車のナンバーなど全般的に当てはまりますが、「これは自分じゃない」と言われてしまった場合、更に反論するための証拠を改めて集めなければいけません。

絶対的な確信がある場合、ブラフとして用いることは可能ですが、交渉に慣れていない場合は諦めて別の証拠を集める方が有効です。

■盗撮・盗聴・ハッキングなどで得た情報

違法な手段によって得られた証拠については、逆にご自身が訴えられてしまう場合があります。
浮気の証拠と言えど、盗聴や盗撮はもちろんのこと、敷地内への侵入や脅迫・強要なども絶対にしてはいけません。

またよくありがちなケースとして、スマホのロックを解錠したり、他人のメールやSNSなどのアカウントに勝手にログインしたりすることも、不正アクセス禁止法に抵触するため罪に問われる場合があります。
自分が罪に問われないためにも、慎重に証拠の取得を行う必要があるでしょう。

【まとめ】浮気の正しい証拠について

目的を見定めて、それにあった証拠を

浮気トラブルの解決のためには、証拠が必要です。
しかし、どんな証拠がどの程度必要かは、解決方針によって変わります。
法的な対処を行うのか、相手を問い詰めるために使うのか、自分が確認するためなのか等、まずは目的をしっかりと決めて、それにあった証拠を取得してください。

また前述の通り、証拠を取得することにリスクは付きものです。
調べていることが発覚するリスクもそうですが、方法によっては逆に罪に問われてしまう場合があるため、分からないことがあれば無料の相談窓口より専門家までお問い合わせください。

浮気の証拠取得に関する無料相談窓口

よすが総合調査では、専門のカウンセラーやプロの探偵が在籍し、証拠収集や身辺調査を行っています。

調査に関して24時間・365日ご相談を受け付けており、相談料はすべて無料です。メール、フリーダイヤル、ご面談(完全予約制・全国対応)がご利用いただけます。

また、はじめての方がご利用しやすいよう、匿名でのご相談も受け付けております。詳しくは下記のバナーよりお問い合わせください。

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。