よすが総合調査では結婚歴の調査などの証拠収集はもとより、法的手段を含めたトラブル解決のサポートを行っております。
恋人が既婚者か確認したい方、既婚者だった場合の対応にお悩みの方はトラブルシューティングの専門家である私たちにぜひご相談ください。
このページでは、既婚であることを隠している場合の特徴や対処法の紹介を行っております。

既婚者である事を隠されるケースが増えています

遊びは論外ですが、仮に夫婦関係が成立していない状態で、離婚の意志があったとしても、既婚である事を隠して交際している時点で許容できる話ではありません。

既婚を隠しやすい出会い方の特徴とは

既婚者である事を隠されるケースが増えている背景にはマッチングアプリや婚活パーティーなどの共通の知人が存在しないダイレクトな出会いからの交際が増えていることが要因の一つとなっています。

婚活パーティーなどでは参加者に独身である証明が条件の場合もありますが、カジュアルなものになるとその確認がおざなりで後々トラブルになった。というケースも見受けられます。

既婚を隠している彼氏の特徴

以下のような状況だった場合、相手が既婚であるかどうかを確認したほうが良いかもしれません。

友人・両親を紹介してくれない

仕事の関係で地元を離れていて近場に友人がいない。両親がいない、もしくは病気などの事情で会える状態ではない。など、事実である場合ももちろんあるでしょうが、既婚であることを隠すためにそういった嘘をついていたケースが非常に多く、まずは疑ったほうが良いと言えます。

自宅を教えてくれない

自宅の場所を誤魔化したり、自宅に呼んでもらえない場合、「家が散らかっている」「同居している家族がいるから呼びたくない」など様々な言い訳をされ、なし崩しになってしまうことがありますが、あまりにも頑なに嫌がる場合は注意が必要です。

出会える曜日が決まっている

仕事を理由にする事が多いです。
当然、事実な場合もありますが、業種的に不自然だったり、そもそも仕事を教えてくれない場合は確認したほうが良いでしょう。
泊まりを嫌がる場合や、クリスマスやGWのイベント事の時に会えない場合なども注意が必要です。

外出デートを極端に避ける

デートがいつも自宅だったり、デートをする時はいつも遠方だったりする場合、性格的な理由の場合もありますが、チェックしたほうが良いポイントでもあります。

彼氏が既婚者だと思った時の対処法とは

こちら側が被害者であっても、繊細な対応が必要です。

最初に絶対やってはいけないこと

証拠を持たない状態で本人に直接問いただすと、精算ができないまま音信不通になってしまい、後日に相手方の配偶者から訴訟を起こされる。ということもあるのです。

信じられませんが逆ギレをした挙げ句、配偶者からの訴訟をちらつかせ、脅迫に近い形で交際の継続を求めるというケースも報告されています。

自分でやるべきこと

既婚であることの確認もそうですが、もし既婚であった場合、その後のトラブルを回避するためには、交際時に相手が既婚であったことを知らなかったという証明が必要になります。

まとめ

恋人が既婚者だった場合、 あなたが一方的に損な立場になってしまいます。

また、仮に恋人が既婚者でなかったとしても、不安を抱えているような状態で交際を続けることは良くない結果を引き起こします。

早い段階で事実確認することをおすすめします。

結婚歴などの調査が可能です

よすが総合調査では、結婚歴、子供の有無の確認はもちろん、相手が既婚者であった場合に自分の身を守るための行動のアドバイスなどのトータルサポートを行っております。

無料相談窓口はこちら

不要なリスクを回避し、貴重な時間を無駄にしないためにも、まずはご相談ください。

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。