SNSでのトラブルに巻き込まれたら

〝正体が見えない〟不安

TwitterやInstagram、Facebookなど、近年の生活とSNSは切っても切り離せない関係となりました。
そうした中で、現在急増しているのがSNS上での嫌がらせ等のトラブルです。

誹謗中傷や炎上、ネットでのストーカーなど、『匿名』というネットの特性を逆手に取った、卑劣な攻撃が目立ちます。
しかし、正当な手段を踏めば『完全な匿名』というのは不可能なのが現状です。

よくあるSNSトラブルの例

ネット上での誹謗中傷

あなた個人を特定できるような書き方で、オープンな場所(公開されたタイムラインや掲示板など)で誹謗中傷をされるケースです。
こうした場合はスピーディーな法的対処が望ましいのですが、その矛先を見誤ると返って事態が悪化することにも繋がります。

誹謗中傷の解決策は

例えば、専門家に依頼して「掲示板や書き込みに削除請求を出し続ける」申請は完全にいたちごっこになってしまいます。
正しい対処法としては、まず誹謗中傷を行なっている「相手の身元の特定」や、「証拠の収集」が先決でしょう。

SNSでの脅迫や恐喝

こちらは前項と打って変わって、クローズドな場(TwitterのDMやLINEなど非公開の場所)で行われます。
しかし、SNSでの匿名性や手軽さを利用され、なかなか問題解決に至らないケースが後を断ちません。

脅迫や恐喝への解決策は

こうしたトラブルに巻き込まれたら際には、すぐ専門家に相談した上で、相手から情報を引き出したり、「相手の要求」から個人を特定するような行動が必要です。
間違っても相手の要求をのんだり、言う通り行動したりするのはやめましょう。

マッチングアプリや出会い系でのトラブル

やりとりが個別のアプリに依存するため、相手が身元を隠しやすいのが特徴です。
しかし相手側も、計画的にターゲットを選ぶのが難しいため、正しい対処を行えば必ず解決する問題でもあります。

マッチングアプリや出会い系トラブルの対処法とは

相手を不審に思った際には、「電話番号を聞き出してSMSでやりとりをする」ことや、「リアルタイム検索でアカウント名を検索してみる」のも有効です。
逆にこちら側を特定できてしまう情報を与えてしまうのは、絶対にNGです。

その他にも急増するSNSトラブル

ここで紹介したのはあくまでも一例ですが、サービスの発達とともに多種多様な方法で加害行為が発生しています。


そのため、相手や動機、場所、SNSサービスの特性など、事例によってそれぞれ違った対応を求められます。
そのため、自分だけで判断して行動する前に、一度専門家へご相談ください。

SNSトラブルの専門家に相談する

手遅れになる前に、まずは相談を。

よすが総合調査では、SNSトラブルに強い専門家が一人一人に合った解決方法をアドバイスしています。
相談の際に、簡単な経緯や、該当アカウントなどの情報を一緒にお寄せいただけると幸いです。

あなたに合った相談方法で

メールフォームからのご相談以外にも、フリーダイヤルやご面談での相談も承っております。
面談は完全予約制となっておりますので、メールかお電話にてご予約をお願いいたします。

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。