夫や妻の浮気相手について「名前しか分からない」時は、探偵や興信所を利用することによって相手の身元や情報を知ることができます。まずは浮気相手についてしっかり調べて知ることが、理想的な解決への近道となります。
当ページでは、自分で出来る方法や調査のご案内、格安で依頼するコツについてご紹介しています。同様のトラブルでお悩みの方は、当ページを参考にご覧ください。

浮気相手の名前しかわからない時の対処法

浮気相手について知るために

浮気相手に関して身元調査を行う場合、事前情報の量と質が重要となります。
情報の量とは「住所や電話番号や勤務先」などの種類の数となり、情報の質とは「友人に聞いた内容」や「実際に自分の目で見た情報」など信憑性の高さになります。

このどちらも調査の事前情報として重要となるため、比較的内容の乏しいケースは、それだけ調査の難易度があがり、結果も判明しにくくなってしまう傾向にあります。

格安で調査するコツは「事前情報」

もちろん浮気相手の名前しかわからないケースでも、相手を発見することはできます。しかし、調査が長引いて余計な費用がかかったり、依頼した探偵社が失敗して無駄になってしまうこともあります。

つまり、浮気相手の名前だけを渡して調査を依頼するよりも、付随する情報を少しでも増やして依頼する方が結果的に調査時間が短縮され、安く身元調査を成功させることができると言えます。そのための情報の集め方や、自分で行える方法については以下のとおりです。

浮気相手-名前しかわからない-調査-無料相談窓口
浮気相手の名前しかわからない時は専門の調査会社にご相談を

まずは浮気相手の名前を知った経緯をチェック

まずは、浮気相手(と怪しんでいる)名前を知った経緯について、改めてチェックしてみましょう。

よすが総合調査では、ご相談の際にアドバイザーから、状況に合わせて情報収集を行う方法をお伝えしています。浮気相手の名前が発覚した時の状況を詳しくお伝えいただくことで、調査に生かすための有効な情報として利用することができます。

よくある浮気発覚のケースとは?
☑︎ 携帯の画面に知らない名前が表示されていた
☑︎ 異性の名刺を持っていた
☑︎ LINEやSNS(Twitter,Instagramなど)で連絡していた
☑︎ 寝言で口走っていた/間違えて呼んでいた
☑︎ 共通の知人や友人が浮気相手の名前を教えてくれた……etc

浮気相手への手がかりを見つける

例えば、実際にあった事例として「車の中に知らない女性のポイントカードが落ちていた」ケースがありました。この段階では、浮気相手と思しき相手の名前しかわかりません。

しかし、こちらのケースでは依頼者が発見時の状況とポイントカードについて記録していたため、その手がかりをもとに「ポイントカードの店舗を利用する生活圏内に在住」の「相応の年齢の女性」について対象を絞り、効率的な調査を実施することができ、結果的に対象者を3日で特定することができました。

その他にも夫/妻の怪しい動きや言動などが手がかりとなることもあります。少しでも浮気を疑っている場合は、浮気相手の名前以外にも気付いたことについては全てメモなどで記録しておきましょう。

浮気相手の名前以外にあると有効な情報

よすが総合調査では、名前から対象者の身元を調査する際に照会調査を利用します。その調査では、以下のような情報と、今判明している浮気相手の名前を合わせることで、より正確に情報が判明する場合があります。

  • 年齢
  • 電話番号
  • SNSアカウント名やID
  • 勤務先
  • おおよその住所、地域
  • 車のナンバー、車種
  • 交友関係や行きつけのお店など……etc

以上はあくまでも一例です。こうした具体的な情報の他にも、ちょっとした印象や記憶など、どんな些細なことでも手がかりとなる可能性があるため、浮気専門アドバイザーまでお話しください。思わぬ所から対象者発見の手がかりとなることもあります。

やっぱり浮気相手の名前しかわからない!時は

「かなり昔のことで名前しか思い出せない」「どんなに探っても他の情報はわからない」といった場合でもご安心ください。よすが総合調査では、照会調査以外にも様々な調査手法がご利用いただけます。尾行・張り込み調査では、尾行と張り込みに特化した専門の探偵が在籍し、高い調査力で結果を知ることができます。

浮気の証拠も鮮明に記録できるだけでなく、相手の名前や住所などの、身元に関する情報も知ることができます。浮気調査の流れについては以下をご覧ください。

「自分で調べすぎない」ようご注意ください

以上、事前情報の重要性についてご説明しました。しかし、ご自分で尾行や張り込みを行ったり、聞き込み調査などを実施することは、出来るだけ控えるようにしましょう。その理由として、失敗時に高いリスクが発生してしまうことがあります。

そもそも一般の方とプロの探偵の違いは、対象者に「自分が調べられている」と気付かれないように調査ができる点にあります。例え調査がうまくいかなかったとしても、対象者にさえ気付かれていなければ何度でも再調査が可能です。しかし、一度「自分が調べられているかもしれない…」と不信感を持った対象者は、その後も行動に注意するようになってしまい、プロが介入しても失敗してしまう確率が高まってしまいます。

そのため、少しでも探偵や興信所に依頼する予定がある方は、自分で調査を行ったりせず、まずは無料相談を行なっている調査会社へ相談をしてみましょう。

まとめ

必ず浮気相手を見つけ出します

例え浮気相手の名前しかわからないケースでも、熟練の探偵やアドバイザーであれば、しっかり相手を特定して証拠を得ることができます。しかし前述の通り、調査力が低い探偵や経験の乏しい興信所では、失敗などから費用が無駄になってしまうことがあるのも事実です。

そのため、必ず複数の調査会社へ相談をして、より詳しいプランを提示する探偵社を選ぶことが、結果的に費用を安く抑えるコツと言えるでしょう。

浮気相手の名前しかわからない場合の無料相談窓口

よすが総合調査では、どのような浮気トラブルでも素早く解決できるよう、専門のアドバイザーが24時間・365日ご相談を受け付けております。

相談方法はフリーダイヤル、メール、ご面談(完全予約制・全国対応)が全て無料でご利用いただけます。もちろん匿名のご相談も可能で、秘密厳守をお約束します。

はじめての方がご利用しやすいよう、親切で丁寧なサポートを徹底しています。どなたでも安心してご利用ください。

浮気相手-名前しかわからない-身元調査-浮気調査-無料相談窓口
浮気相手の名前しかわからない場合でもご安心ください。身元調査・素行調査は専門家へご相談を。

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。