もし、旦那さんの浮気に気付いてしまった時や、「もしかしたら浮気かも……」と思った際に、ご自身で出来る事と絶対にやってはいけない事を紹介しています。
特に最初の選択肢を間違えてしまうと、取り返しのつかないトラブルに発展するケースもありますので、早めに専門家へご相談下さい。

夫の浮気でありがちなケース

「なんとなく、勘で気付いている…」という方も少なくないかと思います。
よすが総合調査では、多くの浮気・不倫トラブルに関するご相談が寄せられますが、多くの場合が未だ確証をつかめていないケースになります。
そうした方へ向けて、

自分で出来る有効な対処法

1. 記録を取る

一番最初に行いましょう

少しでも怪しいと思った日から、旦那さんの行動について記録をとりましょう。
ノートなどの手書きや、携帯のメモ帳など、方法はなんでも構いませんので、出来るだけ詳細な内容が望ましいです。

これは、後々に結果が判明した時や、法的なトラブルになった際に有効な証拠として扱われるため、最初にやるべき事として挙げられます。

日時や場所を忘れずに!

日付や内容の他に、
・家を出た時間
・帰宅の時間
・行ったとされる場所
など、詳細なデータを見逃さないように記録しましょう。

2. お金の履歴を確認

証拠保全を行いましょう

クレジットカードや交通系ICカードなど、お金の履歴を取得できるものに関しては、書類として保存しましょう。

電話の通話履歴なども、家族の方であれば遡って取り寄せることができる場合もあります。こちらも、後々に有効な証拠となる場合があるので、一度確認しておくことをおすすめします。

3. 専門家へ相談をする

信頼できるところへ相談をしましょう

前項で揃った証拠があれば、それを持って専門家へ相談しましょう。
よすが総合調査の相談センターでは、相談者に配慮した相談方法や時間の指定が可能です。

せっかく準備をしても、これからという時に勘付かれてしまっては意味がありません。
相談は、必ずこうした浮気トラブルの専門家を有する事務所をご利用ください。

絶対に自分でやってはいけない事

1. 直接問い詰める

よくある一番危険なケース

感情が抑えられず、旦那さんを問い詰めてしまうと危険です。
証拠隠滅を計られたり、逆上して更なるトラブルに発展する場合があります。
直接話をする際には、必ず証拠を揃えてから、かつ第三者がいる場で行いましょう。

2. ご自身で尾行などを行ってしまう

失敗すると大変なことに!

発覚した際のリスクはもちろんの事ですが、後にプロへ依頼した際に、成功率が著しく低下してしまいます。
その理由として、一度尾行に気付いた人物はその後も警戒心が上がってしまい、なかなか通常通りの動きを取らなくなるためです。

プロに依頼する予定が少しでもある方は、最初から任せるのが良いでしょう。

浮気トラブルに必要な調査とは

尾行・張り込み調査

絶対に必要となる、重要な調査です。
浮気のケースでは、2〜4人のチームで、旦那さんの動向を調査します。

尾行・張り込み調査

潜入調査

もし、旦那さんの浮気相手が、「プロ」の女性である場合などに必要な調査です。
過剰な接待や、店外で男性を誘惑するようなケースでは、係争時に訴追できる金額や内容に差が出てくるため、有効な証拠となります。

潜入調査

浮気トラブルの調査を依頼するには

現在、旦那さんの浮気を疑っている方に向けて、専門のアドバイザーが対応いたします。

こちらから、メールや電話、ご面談での相談を承っております。
一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

    あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
    ※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

    任意個人様/法人様
    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須住所(都道府県)
    任意電話番号
    任意性別
    必須相談内容【複数の選択可】
    必須調査したい相手との関係性
    必須調べたい事柄

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。



    【自動返信メールが届かない時は】

    当サイトのフォームからお送りいただくと、すぐに自動返信メールが届きます
    自動返信メールが届かない場合は、下記のような理由が考えられます


    ■メールが届かない理由の一例
    ・メールアドレスの入力間違い
    ・自動返信メールが迷惑フォルダ等に移動している
    ・携帯キャリアのメールアドレスをお使いで、PCメールの受信拒否をしている
    ・受信フォルダ・メールボックス等が容量オーバーになっている等
    ※当サイトではメールが届かない方の特定ができないため、直接ご連絡差し上げることができません。

    ■対処法
    ①相談窓口よりフリーダイヤルからご相談ください
    ②お使いのメールアドレスより直接「soudan●yosuga-gr.jp(●を@に変更)」までお送りください。