よすが総合調査では、根も葉もない噂を立てられ、お困りの方への解決サポートを行っています。

噂は対処が難しい反面、生活が脅かされるリスクが高く、解決には繊細な作業が必要になります。

このページでは、問題に直面した場合にまず行うべき対処法と、自身での解決が難しい場合に、よすが総合調査で行える調査項目について紹介しています。

根も葉もない噂を立てられた場合の対処法

まずは噂の内容の確認

不愉快ですが、まずは噂の内容について正確に把握する必要があります。

噂の内容によって細かい対応策は変化するのですが、共通する対応策は、その噂を知っている人間がどれくらいいて、何人がそれを信じているかを確認することです。

また、同時に噂が出回ったことによる被害及び、その影響が出る範囲を確認しましょう。

その際、噂が出回っているコミュニティーの中に信頼できる人物がいるのであれば、協力を求めましょう。

噂を信じている人への対処法

噂の真偽を客観的に証明できるものがあれば一番良いのですが、噂の内容によってはそれが難しい場面があります。

根も葉もない噂であった場合は毅然と否定することが大切です。

その際、それ以上噂が広まることがないように釘を差しましょう。

発信源の特定

噂の内容や、噂を誰から聞いたか確認することによって発信源に心当たりがあるかもしれませんが、証拠がない段階で直接問い詰めるのはNGです。

その人物が発信源である複数の証言など、言い逃れの出来ない客観的な証拠を手にするまでは直接的な働きかけは控えるようにしてください。

証拠が揃ったら

名誉毀損などでの法的な対処はもちろんですが、謝罪や関係者に対する事実関係の説明など、様々な解決法があります。

ただ、自身が望む形での解決には、証拠を前提とした柔軟な立ち回りが必要となります。

根も葉もない噂を立てられた場合の調査項目

聞き取り調査

噂の内容や、噂が出回っているコミュニティーの中での本人の立ち位置によって、噂を止めるために自身で動くこと、または動いていることが噂の発信源に悟られると不利な状況になってしまう場合、第三者によって噂の実態の確認が必要になる場面があります。

よすが総合調査の「聞き取り調査」では、そういった場合に状況を荒立てることなく、必要な情報を得ることが可能です。

照会調査

SNSなどで噂が出回っている場合、噂の発信源の特定が自身では難しい場合があります。

よすが総合調査の「照会調査」では、SNSのアカウントなどから、発信源の特定を行うことが可能です。

また、名誉毀損での訴訟準備に必要な情報を特定することも可能です。

根も葉もない噂に困りの方へ

よすが総合調査では噂の発信源の特定や噂による被害状況の確認及び証拠集めはもとより、依頼者が望まれる形での解決を実現するための立ち回りのアドバイスなどのサポート業務を行っております。

噂の解決には繊細な対応が必要です。ご自身での解決が難しいと判断された方はもちろん、どう対処すればいいかわからない方は、よすが総合調査にご相談ください。

噂-対処法-調査項目-無料相談ダイヤル

あなたのお悩みをお聞かせください。経験豊富な相談員が対応いたします。
※お急ぎの場合は無料相談ダイヤル(通話無料・24時間365日対応)をご利用ください。

任意個人様/法人様
必須お名前
必須メールアドレス
必須住所(都道府県)
任意電話番号
任意性別
必須相談内容【複数の選択可】
必須調査したい相手との関係性
必須調べたい事柄

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。